大きなストレスを抱えている時こそ咬合力の分散を

咬合力の分散現代社会では、昼間の食いしばりが大きな問題になっており、その原因のほとんどがストレスだと考えられます。食いしばりは、非常に強い力で上下の歯を噛みしめるので、歯や顎、筋肉、骨にダメージを与えてしまいます。そのため、いかに咬合力(噛みしめる力)をコントロールするかが大切になります。

ストレスは人によって違いますし、年齢によっても違います。仕事が忙しかったり、子育て、育児、介護、さまざまなプレッシャーなど、様々な要因があります。ましてや長い人生においては、良い時もあれば悪い時もあります。そうした悪い時にこそ、歯や歯周組織、顎などに悪い影響が出てくるのです。

ストレスを解消することは難しいですが、ストレスを抱えた時、人生において悪い時にいかに力のコントロールをして咬合力を分散させられるかが、歯を長持ちさせる上で大事になると考えます。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制