生活習慣を改善することが歯を長持ちさせる

生活習慣を改善矯正治療をするときなど、かなり弱い力をかけただけでも歯は動いていきます。それが強い力となれば言うまでもなく、歯に過剰な力がかかる食いしばりや歯ぎしり、頬杖や横向き寝といった習慣を治さなければ、顎がずれ、歯が倒れてしまうことにつながるのは自明の理です。

顎がずれ、歯が倒れてしまうとかみ合わせも変わってしまい、強くあたる歯とそうでない歯が出てきます。そうすると、強くあたる歯は破折したりものが噛みづらくなったりします。そして噛みやすい側でばかり食物を噛むようになって左右がアンバランスになり、結局は歯がダメージを受けることになります。

むし歯や歯周病で、いくら良い治療を受けても、歯にダメージを与えてしまう生活習慣や力のコントロールをしないと、歯は長持ちしません。歯がしみる、歯がぐらぐらする、咀嚼時に違和感を感じる、さらには頭痛、肩凝りといった症状が出た場合、顎のずれやかみ合わせの異常が原因であることが少なくありません。歯の治療や歯並びの治療をしても症状がよくならないときには、顔や体を歪ませる悪い生活習慣に気づき、改善することが症状の改善や口元の若さと健康を保つのです。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制