感染症対策を重視

感染症対策を重視

病院内は清潔にしすぎるということはありません。歯科の場合、むし歯の削りかすや血液、唾液から病原菌が機械や器具を介して感染し、思わぬ病気をうつしてしまう可能性があるからです。当院では滅菌パックと滅菌器を2台備えて治療器具の滅菌消毒をする他、歯を削るタービンを洗浄・滅菌できるシステムを備え、万全を期しています。

滅菌と殺菌の違いについて

滅菌と殺菌の違い滅菌と殺菌、どちらも病原菌をやっつけることに違いはありませんが、やはり厳密には少し意味するものが違います。

●滅菌とは
かぎりなく無菌状態にすることをいいます。有害・無害にかかわらず、限りなく菌が存在しない状態までもっていくことで院内感染を防ぎます。

●殺菌とは
消毒剤などの薬品を用いて特定の細菌を死滅させることです。消毒剤は、人体に有害な微生物を除去して感染力を弱めます。

クラスB相当の滅菌器を備えています

クラスB相当の滅菌器当院では、小型滅菌器のなかで最も厳しいとされるヨーロッパ基準のクラスB滅菌レベルに相当する機能を持つハイレベルな滅菌器を2台採用しています。

●小型滅菌器のヨーロッパ基準(prEN13060)の分類について
クラスN......お口の中を見る鏡など、単純な器具の滅菌に使います。
クラスS......クラスNの対象物に加えて、お口の中を吸うチューブなど、やや複雑な形態をした器具の滅菌をします。
クラスB......クラスN、クラスSの対象物に加えて、歯を削るタービンなど複雑な器具まで、あらゆる器材の滅菌をします。

DAC(ダック)システムを導入しています

DACシステムDACシステムとは、タービン、コントラ、ハンドピースといった治療器具などに精製水を用いて内部まで洗浄し、オイル注油まで行うシステムです。もちろんヨーロッパ基準のクラスB規格をクリアしています。

治療に使った歯科用器具にはさまざまな病原菌やウイルスが付着している可能性があります。これらを滅菌するのには、オートクレーブという高圧滅菌器に入れたり、アルコール消毒をするといった、時間も手間もかかる方法で行うしかありませんでした。そのため、たくさんの患者さんを治療していくためには、数多くの器具をストックしておく必要がありました。

DACシステムは、滅菌前と乾燥時に数回の真空状態を作り、ここに飽和水蒸気を流し込みます。この工程を繰り返すことにより、複雑な形状をした器具でも隅々まで高温の水蒸気が行き渡り、あらゆる細菌やウイルスを滅菌します。そのうえ、DACを使うと15分という短時間で洗浄・滅菌することができるので、器具をたくさんストックする必要もなく安心して治療していくことが可能になったのです。

滅菌スリッパも用意しています

多くの患者さんが履くスリッパ。そのままではやはり清潔を保つことはできません。そこで当院ではスリッパを紫外線の滅菌器に入れ、常に清潔な状態で患者さんに提供するようにしています。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制