技工物について

セラミッククラウンセラミッククラウン
従来、被せもの(クラウン)には金属を使うことが多々ありました。たしかに金属は材料として強度があるので、目的にかなった素材といえます。しかしながら審美的に見て、優れているとは言えないのも事実です。

そこで当院では、審美的に優れ、更に金属アレルギーの心配もないセラミックの詰めもの、被せものに力を入れています。またセラミックは、レジン(プラスチック樹脂)と違って経年による変色の心配もないという特長もあります。

当院ではその他、ラミネートベニア、メタルボンドなど、審美的に優れた実績を上げています。これもまた、院内技工で高いレベルのものができるからに他なりません。

当院の審美・美容歯科はこちら

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制