麻酔の注射の前には表面麻酔で痛みを解消します

表面麻酔麻酔の注射が痛いのは、注射の時に麻酔液に圧力がかかるためです。そこで表面麻酔をすることにより、麻酔針が歯ぐきに刺さるときの痛みを解消します。表面麻酔にはゲル状のものやスプレー式のもの、また貼りつけるタイプのものがあります。いずれも効果に差はなく、注射の前に塗布してから注射を打ちます。

表面麻酔の手順
(1) 粘膜を乾燥させ、表面麻酔剤を注射する部位に塗る。
(2) 1~2分ほどで、粘膜の表面の感覚が麻痺してくる。
(3) 表面麻酔剤を拭ってから注射する。注射針をゆっくりと差し込むのが痛みを感じさせないコツ。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制