一般歯科

一般歯科

むし歯治療といえば、むし歯の部分を削り詰めもの(樹脂レジンやインレー)を詰めて終わり、というのが一般的な治療です。しかし、せっかく治療をしても、かみ合わせが悪いとその部分が原因で数年後には歯が壊れてしまうことがあります。当院では、治療をした後のかみ合わせを重視し、治療後の再発防止に努めております。

むし歯の治療

むし歯は、歯垢(プラーク)に繁殖するむし歯菌(ミュータンス菌)が産生する酸によって歯が溶けていく現象(脱灰)からできるものです。放っておくと脱灰がどんどん進み、悪化していきます。

●う蝕検知液を使った判定
むし歯になった部分を判定するのは、肉眼では難しい場合があります。そこで、当院ではう蝕検知液を使ってむし歯を判定しています。う蝕検知液を使うと、むし歯になった部分が赤く染まるので、その部分を除去することでむし歯だけを取り除き、削る部分を最小限におさえることができます。

COの治療CO
ごく表面にできたむし歯で、まだ穴が空いていない状態です。適切な歯みがきをすれば、もとの健康な状態にもどる可能性があります。

C1の治療C1
歯の表面のエナメル質がむし歯になり、小さな穴が空いた状態です。この部分には神経がないので、痛みを感じることはありません。むし歯になっている部分を削り取り、樹脂(レジン)や金属などで埋めます。

C2の治療C2
むし歯が象牙質(エナメル質の下の部分)まで達している状態です。冷たいものを飲んだり甘いものを食べたりするとしみたり痛んだりします。治療には痛みをともなうことがあるので、麻酔をすることがあります。むし歯になっている部分を完全に取り除き、むし歯の深い部分には歯を保護するために薬を詰めます。歯の形を整えてから被せものや詰めものをつけます。

C3の治療C3
むし歯が歯髄(神経)まで達した状態です。この段階まで来ると、激しい痛みを感じます。神経を取る治療が必要になります。むし歯菌がこれ以上奥に感染しないように歯髄を取り除き、歯の内部を洗浄した後完全に消毒します。その後に充填剤を詰め、被せもの(クラウン)を装着します。

C4の治療C4
末期のむし歯です。根っこを残して歯冠の部分はほとんど崩壊してしまいます。膿がたまったり、腫れたりすることがあります。歯を残せる可能性もありますが、最悪の場合は抜歯することになります。

歯を抜かない治療法

歯を抜かない治療法当院では、できるかぎり抜歯せず、歯を残すための治療に力を入れています。通常、歯ぐきの奥までむし歯が進行していたり、歯が折れたりして歯の根っこ部分だけが残ってしまうと、抜歯することが多くなります。しかし、歯ぐきに埋まっている健康な部分を利用すれば、歯を抜かずに治療することができます。

エクストリュージョン(歯根挺出術)
歯ぐきに埋もれた歯の根っこを、上に引っ張り出す治療法です。歯を抜くことなく、被せものの治療ができるようになります。

●エクストリュージョンの特徴
【長所】
・歯を抜かずに治療することができる
・治療後の歯が長持ちする
・細菌感染しにくい環境ができる

【短所】
・保険がきかない
・治療に長時間(数ヶ月単位)かかる
・かみ合わせを支える力が弱くなる

クラウンレングスニング(歯冠長延長術)
歯ぐきに埋もれた歯の根っこを、手術で掘り起こす治療法です。歯を抜くことなく、被せものの治療ができるようになります。

●クラウンレングスニングの特徴
【長所】
・歯を抜かずに治療することができる
・治療後の歯が長持ちする
・歯周ポケットが改善する

【短所】
・保険がきかない
・部位周辺の歯ぐきが下がる
・歯が少し長くなる

※歯の状態によっては、抜歯しなければならない場合があります。精密な検査・診断を行い、治療が可能かどうかを判断します。

保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の違い健康保険が適用されている保険診療では、治療にかかる費用の一部で治療を受けることができるため、治療費を少なくすませることができます。これに対して、健康保険が適用されない治療においては、全額自己負担の自費診療となるため金額の差が大きく、非常に高額な印象を受けるかと思います。

日本の歯科医療における保険診療報酬は、欧米と比べて10分の1程度とかなり低く抑えられています。そのため、日本の保険診療では治療に質の高い材料を駆使し、じっくり時間と手間をかけることが難しいという現状があります。しかし、自由診療では費用が高くなる分、使用できる材料の制約がなく、また治療に十分な時間と手間をかけることができます。高度な技術と質の高い治療を提供できますので、治療結果が長持ちし、しっかり噛めるなどの機能的な面、見た目の良さなどの審美的な面においても保険診療と大きな差が出てきます。

自費診療では保険診療のような制約がないため、一人ひとりの症状に適した素材を使用し、高度な技術とともに十分に時間をかけた治療をご提供できます。

このページでは、保険診療と自費診療の違いについてご紹介させていただきます。

素材の違い
使用する素材によって、美しさ・安全性・耐久性が異なります。

【保険診療】
むし歯治療においては、金銀パラジウム合金が一般的に使われています。強度はすぐれていますが、金属アレルギーの心配があるほか、見た目の美しさに劣るという欠点があります。万一、金属アレルギーが出た場合には自費診療となります。総入れ歯の場合は、プラスチック製になります。強度を持たせるために厚みのあるものになってしまうため、装着したときに違和感があります。

【自費診療】
むし歯治療の詰めもの・被せものにはセラミックをおすすめしています。天然歯と同じ色で透明感のある美しい歯に仕上げることができ、時間が経っても変色しづらいです。セラミックは表面がつるつるしているため、プラーク(歯垢)が付きづらいです。また、天然歯に近い咬合面形態を再現出来ます。これはセラミックにしか出来ません。
また、ゴールド(プラチナとゴールドが主成分)は生体にとっていちばん安全といわれる素材で、歯の硬さも本来の歯に近く、奥歯など大きな力がかかる歯に最適です。
総入れ歯の場合、金属を使用するので薄くても強度が確保できるため、丈夫で違和感の少ない入れ歯を作ることができます。また、金属部分が多いので、料理の温度が伝わりやすく、食事をより美味しく楽しむことができます。

精度の違い
精度が高いほど、むし歯と歯周病の原因となるプラークがつきにくくなり、歯を長く保たせることができます。

【保険診療】
限られたコストで治療を進めなければならないため、治療に使用できる材料や時間に制約があります。その結果、どうしても詰め物や被せ物に隙間や段差が生じてしまい、汚れが付着しやすいものになりがちです。
【自費診療】
制約がないため、治療過程で使用する材料や機器も保険診療とは異なる、より優れたものを使用することができます。時間と手間をかけることができるので、より精度の高い治療が可能となります。

詰めもの(インレー)の製作工程の違い
●型どり
【保険診療】
型を取る材料は湿度の変化などで変形する、限られた印象材を使用します。
【自費診療】
精度が高く、湿度などで変形しないシリコンなどの印象材を使用します。

●歯の模型の違い
【保険診療】
模型を作る石膏の材料が安価なものになり、石膏の膨張率が高く模型が変形しやすくなります。
【自費診療】
模型を作る石膏が高価なものになり、変形率の少ない石膏を使用するため、変形しにくく精度の高い模型だできます。真空連和器を用いて石膏を注入するため、気泡や変形が少なくすみます。

●詰めものは、歯の模型をもとに歯科技工士によって製作されます。
【保険診療】
限られたコストで、できる範囲の詰めものを作ります。
【自費診療】
顕微鏡をのぞきながら、手間と時間をかけて丁寧に作業することができ、精度の高いインレーを作ります。

接着剤の違い
【保険診療】
限られた接着剤を使用します。時間が経つと唾液で溶解され、被せものが外れたり隙間から細菌が入ってむし歯を再発したりします。
【自費診療】
接着力が高く耐久性にすぐれ、インレーと歯との間に隙間ができにくい接着剤を使用します。治療した歯を長持ちさせることができます。

完成した詰めものの精度の違い
【保険診療】
適合の精度が劣るため、詰めものと歯との間に隙間や段差が生じてしまい、汚れが付着しやすくなります。
【自費診療】
適合の精度が高いので、詰め物と歯との間に隙間や段差が生じず、汚れが付着しにくく、歯が長持ちします。

被せもの(クラウン)の土台を完成させてからの工程の違い
●型どりの前処理
【保険診療】
この工程はありません。
【自費診療】
歯肉圧排を行います。歯と歯肉の隙間に糸を入れていくもので、被せるものの境目の部分より下の部分(歯茎の中)を正確に採得するために行います。なぜなら歯根から移行的に被せものを作りたいので、歯根形態の情報が欲しいからです。それにより天然歯の形に近い人工物を作ることができます。この工程を入れることにより、精度の高い型どりができます。

●型どりの材料の違い
【保険診療】
湿度の変化により変形する、寒天の印象材を使用します。寒天印象材は千切れも起こします。
【自費診療】
精度が高く、変形しないシリコンの印象材を使います。型を採った後、2〜3日経っても精度を保つことができ、千切れしにくいものになります。

●歯の模型の違い
【保険診療】
模型を作る石膏の材料が安価なものになり、模型が変形しやすくなります。
【自費診療】
模型を作る石膏が高価なものになり、変形率の少ない石膏を使用するため、変形しづらくなります。
真空連和器を用いて石膏を注入するため、気泡や変形が少なくてすみます。

●クラウンは、模型をもとに歯科技工士の手によって製作します。
【保険診療】
限られたコストでできる範囲のクラウンを作ります。
【自費診療】
顕微鏡をのぞきながら、手間と時間をかけて丁寧に作業することができ、精度のいいクラウンを作ります。

●完成したクラウンの精度の違い
【保険診療】
被せ物の適合が難しく隙間や段差ができがちです。そうなるとプラークがたまりやすくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。
【自費診療】
適合の精度が高いものができます。むし歯と歯周病の原因となるプラークがつきにくくなり、歯を長く保たせることができます。かみ合わせ、形態の再現性が高いです。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制