歯内療法とは

歯内療法

むし歯は知らない間に進行していることが多く、気づいた時にはかなり進行しており、歯の神経をすべて切除する治療をしなければならなくなります。むし歯になってしまった歯は日に日に悪化し、むし歯が神経にまで及んでしまった歯を放置すると、最終的に抜歯以外に選択肢がなくなってしまいます。

歯内療法とは、むし歯菌で侵された根管内部の歯質や神経、血管を取り除き、歯の根の中を清掃する治療法です。きれいになった根管内の殺菌、消毒を行い、隙間なく薬剤を充塡することで大切な歯を残すことができます。

抜髄療法と感染根管治療

抜髄療法●抜髄療法
むし歯が歯髄(神経)にまで達してしまい、歯髄を切除(抜髄)する治療のこと。

●感染根管治療
一度、歯髄を切除する治療を行ったが、再び歯根の内部が感染してしまい、歯根の内部もしくは歯根の先端部分に膿がたまったり炎症を起こしてしまい、再度、歯根の中を殺菌や消毒をする治療のこと。

※感染根管治療は治療期間がかかります。

歯内療法が必要になる症状

歯内療法●むし歯が進行して痛みが強い(歯髄炎)
むし歯が進行して歯髄(神経)まで達すると、冷たいものや温かいものがしみたり、じっとしていても強い痛みが出ます。この痛みを取るために歯髄を取る必要があります。

●神経が死んでしまった場合(歯髄壊死)
むし歯が進行したり、歯をぶつけたりすると、歯髄が死んでしまうことがあります。すると、その神経が腐ってしまい細菌感染が進んでいきます。感染が根っこの先端まで達すると、ものを噛んだときに痛みが出てきます。

●歯の根っこの先端部分に膿がたまる(根尖性歯周炎)
神経が死んだまま放置していると、根っこの先端部分に歯根嚢胞という膿の袋のようなものができます。痛みなどの症状が出ないことが多く、レントゲン撮影などで発見されます。放置しておくと大きくなっていき、激しい痛みや腫れが出てきます。

歯内療法・治療の流れ

歯内療法・治療の流れ細菌によって汚染された根の中を、ファイルという針金のようなヤスリでこすり落として消毒し、薬で密閉して細菌をなくす方法です。少しでも細菌に侵された根が残ってしまうと、その部分から再び細菌が増殖していき、いつまでも痛みが取れなかったり、再発を繰り返してしまいます。

【STEP1】レントゲン撮影
レントゲン写真を撮って、症状の確認をします。
次へ
【STEP2】根管の内部に細菌が入るのを防ぐ
根管内部に唾液や歯垢が入ってしまうと感染が起こり、痛みが取れなかったり再発を繰り返すことになります。そのためラバーダム等を使って、唾液などが根っこの中に入らないようにしながら治療を進めます。
※ラバーダムの使用は自費診療となります。歯の根の状態によりラバーダムがかけられない場合があります。
次へ
【STEP3】歯髄を完全に除去する
神経のある管の数は人によって、また歯によっても異なります。1本でも見逃してしまうと痛みが出たり、再発してしまったりします。すべての根管から丁寧に歯髄を取り除き、十分な消毒をする必要があります。
次へ
【STEP4】根管の中の形を整える
神経があった根管の形は円形とは限らず、楕円形をしていたり、三角形や樋状だったり、二股状になっていることもあり、非常に複雑です。これらの中をすべて消毒し、根管の中に薬を入れやすい形に整えていきます。
次へ
【STEP5】緊密に薬を充填する
整形し終わった穴に、ガッタパーチャ(ゴムのような薬)を緊密に詰めていきます。神経を失った歯は再感染しやすく、管の中に空気が残ってしまうと痛みや再感染の原因となるので、隙間が空かないように薬を詰めることが重要です。
次へ
【STEP6】支台を作る
もう一度歯をつくるための土台を作ります。
次へ
【STEP7】歯冠を被せる
土台の上にクラウン(被せもの)を被せて治療を終えます。

自費診療について(顕微鏡治療)

自費診療について歯内療法にも保険診療と自費診療とがあります。その違いは、治療の成功率にあります。日本の保険診療での抜髄治療は、はじめて神経を取る治療の場合で成功率が60%といわれます。しかし、専門医による自費診療では成功率が90%前後になります。また感染根管治療では、専門医でも成功率が60~70%といわれます。

歯根の治療を繰り返せば繰り返すほどに成功率は下がっていきます。根の中の根管の形を整えるには根管を拡大する必要がありますが、安易に拡大しすぎると歯を破折してしまうリスクが高まります。

当院では、より成功率の高い精密な治療を行うために、自費診療をおすすめしています。

当院で行っている自費診療
従来の保険治療による方法とは違う材料・術式を用いることで成功率を向上させています。精度の高い器具や薬剤を用いて化学的清掃と超音波機器による機械的清掃を徹底しています。

●ルーペ、マイクロスコープを使った治療
必要以上に根管を広げないようにするために、当院ではルーペやマイクロスコープを用いて、細部まで見渡しながら根管を広げていきます。

●歯科用コンビームCT
3次元的な画像撮影をすることで、根尖病変の有無や大きさ、根管の数、原因根管の特定など、より確実な情報を治療前に得ることができます。

●ラバーダム防湿による根管治療
ラバーダム防湿とはゴムでできたシートです。このシートを口腔内に留め、治療中に唾液などから細菌が侵入しないようにし、根管内を無菌的に保ちます。(歯の保存状態によってはラバーダムが出来ない場合もあります)

精密な治療のために1回の治療時間が60分~90分かかります。
※難治性の根尖病変がある場合は外科的に治療する場合もあります。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制