一般歯科

Q. むし歯になっているかどうか不安です。診てもらうだけでも大丈夫ですか?
A.大丈夫です。むし歯は、見ただけでむし歯と判断できるものは意外と少ないのです。痛みが出る前に当院にお越しください。精密に検査してみましょう。

Q. 痛いのがどうしても苦手なのですが、痛みの少ない治療法はやってもらえるのでしょうか?
A.はい、可能です。痛みがまったくない、というのは少し難しいかもしれませんが、現在は麻酔技術も発達しているため、極限まで痛みを感じないように治療することができます。削る部分が少なかったり浅かったりする場合には、麻酔によりまったく痛みを感じないという患者さんもいらっしゃいます。

審美歯科

Q. 銀歯を白い詰めものに替えたいと思っています。どれくらいの費用がかかるのでしょうか?
A.白い詰めものは、保険適用外となるため、自費治療の料金となります。詰める部位や詰める材料などによって価格も多少変動があります。詳細はこちらをご覧ください。
料金表はこちら

Q. 審美歯科は、よく治療期間が1~2日でできると聞きますが、実際の期間はどれくらいかかりますか?
A.審美歯科とはいえ、人の身体を治しているのです。歯肉に炎症がある状態や歯周病で骨が溶けている状態で被せものをつけたりすると、数年後には歯ぐきがやせてきたりします。また、奥歯がなかったり、かみ合わせが悪い状態で前歯だけをきれいに治しても何年かすると前歯がかならず壊れてきます。長持ちさせる治療を考えている場合には、治療期間がかかります。

Q. 白い歯を入れて数年間はきれいでしたが、歯ぐきの部分が黒くなってきたり、歯ぐきがやせてきたりしました。どうしてでしょうか?
A.もともと、日本人の前歯の骨や歯肉は薄い人が多いのです。そういう人に被せものだけきれいに被せても、何年かすると歯ぐきがやせてしまいます。歯ぐきの部分が黒いのは、セラミックの下に金属を使用しているからです。現在はオールセラミックをおすすめしています。痩せてしまった歯ぐきや黒くなった歯ぐきは、自然には治りませんので、歯周形成外科の診察をおすすめします。

小児歯科、矯正治療

Q. 小さい子どもでも連れて行って大丈夫でしょうか?
A.大丈夫です。院長自身、双子の小学生がおります。安心して連れてきてください。ベビーカーで来院される方もいらっしゃいます。

Q. 永久歯が乳歯の後ろから生えてきてしまっています。大丈夫でしょうか?
A.大丈夫です。こうしたお子さんの歯に関する質問の多くは、大丈夫なケースが非常に多いのです。ただし、ごく稀にその乳歯が原因で永久歯が生えてこない場合があります。一度、来院してレントゲン写真の撮影をすることをおすすめします。

Q. 子どもの歯並びが気になるのですが、いつのタイミングで矯正治療をしたらいいでしょうか?
A.当院では積極的に咬合誘導を行っています。まず、5~6歳くらいから、顎が小さいお子さんや反対咬合、交叉咬合、過蓋咬合のお子さんには積極的に装置を使用しています。当院の小児矯正は歯を動かすというより、顎や歯列が小さい子に対して、歯列拡大や保隙装置をいれ、永久歯の萌出スペースを確保し、舌のトレーニング、生活習慣の指導を行い、歯が倒れてくるのを防ぎます。

Q. 矯正治療の費用はどのくらいですか?保険は効きますか?また、期間はどのくらいかかりますか?
A.矯正治療はすべて自由診療になります。子どもの場合は第1期治療と第2期治療に分かれます。第1期治療でも歯並びやかみ合わせがうまくいかなくなった場合は第2期治療に入ります。その場合は期間が長くなります。成人矯正の場合は3年くらいかかります。

Q. 若い頃は歯並びがきれいだったのに、最近、だんだん歯並びが悪くなってきました。どうしてですか?
A.歯は常に動いています。歯は頑丈で動かないものだと思っていないですか? 矯正で歯を動かす時には、かなり弱い力でも動いていきます。それゆえに生活習慣が大事になります。長時間、同じ姿勢をしていると体が歪んでいくのと同じで、顎も生活習慣によってズレていきますし、歯も倒れていきます。

インプラント

Q. インプラントの素材は何ですか?
A.インプラントは、体の中で非常に安定した素材であるチタンでできており、骨とのなじみを更によくするために表面処理が施されています。チタンは人工関節などさまざまな分野で使用され、生体親和性の高い素材として世界で認められています。

Q. インプラントの治療を誰でも受けることができますか?
A.年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳くらいから治療を受けることができます。ただし、心臓病や糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の 人などは受けられない場合があります。また、あごの骨の状態によっても受けられない場合があります。いずれの場合も事前に歯科医師とよくご相談下さい。

Q. インプラント手術に伴う痛みは?
A.インプラント手術は局所麻酔下で行いますので、ほとんど痛みはありません。 インプラントの埋入手術の処置時間は約30~120分です。

Q. インプラントの治療費はどの程度かかりますか?
A.インプラント治療は、自由診療扱い(自費)となっていますので、保険が適応されません。実際の治療費はインプラントの種類や本数、被せる人工の歯の材質などによって異なりますので、詳しくは歯科医師とよくご相談下さい。

Q. インプラントはどのくらいもちますか?また、手入れは?
A.インプラント自体は生体となじみの良いチタンでできています。 長持ちをさせるのに重要なことは自分の歯と同じような手入れをすることです。ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しいかみ合わせのチェックをするため、半年に一度は定期健診を受けてください。

Q. インプラントが駄目になった場合はどうしたらよろしいでしょうか?
A.リカバーをします。当院では他院でだめになったインプラントを撤去し、やり直し治療をしたり、被せものだけやり直したりもします。駄目にならないようにしっかりメインテナンスをしたほうがいいと思います。

Q. インプラント手術はどの歯科医師が行いますか?
A.院長がすべて行います。なので、代診の歯科医師がやめたりだとか、口腔外科の歯科医師が出勤日じゃないので対応してくれないということがなく、いつでも問題が起きた場合はすぐに院長が対応いたします。

かみ合わせの問題

Q. 頭痛、首肩こり、めまい、耳鳴りなどの症状は、かみ合わせが関係しますか?
A.すべてかみ合わせの治療で治るわけではありませんが、かみ合わせで悪くなる場合もあります。当院ではしっかりと生活習慣の問診をして、スプリント治療にてよくなる傾向にあれば、かみ合わせが原因の可能性が高いため、積極的にかみ合わせの治療をしていきます。

Q. 最近、よく頬や舌を咬んだり、口内炎がよく出来たりしますが、かみ合わせが原因ですか?
A.かみ合わせが低くなると、舌や頬をよく巻き込みます。すべてそうではないですが、下の歯が舌側に倒れ込んでいくとかみ合わせが低くなり、舌を傷つけやすくなります。

Q. かみ合わせがイビキの原因になりますか?
A.下顎が後ろに下がっている人はかみ合わせの低い人が多く、歯が舌側に倒れていることが多いです。歯が舌側に倒れると、舌房(舌の部屋)が狭くなり、舌がのどの方へいき気道を狭窄するため、イビキの原因になります。若い時はイビキをかかなかったのに、30代後半くらいからイビキをかき始めたという方はその可能性が高いです。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制