歯を抜かない治療法

歯を抜かない治療法当院では、できるかぎり抜歯せず、歯を残すための治療に力を入れています。通常、歯ぐきの奥までむし歯が進行していたり、歯が折れたりして歯の根っこ部分だけが残ってしまうと、抜歯することが多くなります。しかし、歯ぐきに埋まっている健康な部分を利用すれば、歯を抜かずに治療することができます。

エクストリュージョン(歯根挺出術)
歯ぐきに埋もれた歯の根っこを、上に引っ張り出す治療法です。歯を抜くことなく、被せものの治療ができるようになります。

●エクストリュージョンの特徴
【長所】
・歯を抜かずに治療することができる
・治療後の歯が長持ちする
・細菌感染しにくい環境ができる

【短所】
・保険がきかない
・治療に長時間(数ヶ月単位)かかる
・かみ合わせを支える力が弱くなる

クラウンレングスニング(歯冠長延長術)
歯ぐきに埋もれた歯の根っこを、手術で掘り起こす治療法です。歯を抜くことなく、被せものの治療ができるようになります。

●クラウンレングスニングの特徴
【長所】
・歯を抜かずに治療することができる
・治療後の歯が長持ちする
・歯周ポケットが改善する

【短所】
・保険がきかない
・部位周辺の歯ぐきが下がる
・歯が少し長くなる

※歯の状態によっては、抜歯しなければならない場合があります。精密な検査・診断を行い、治療が可能かどうかを判断します。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制