むし歯の治療

むし歯は、歯垢(プラーク)に繁殖するむし歯菌(ミュータンス菌)が産生する酸によって歯が溶けていく現象(脱灰)からできるものです。放っておくと脱灰がどんどん進み、悪化していきます。

●う蝕検知液を使った判定
むし歯になった部分を判定するのは、肉眼では難しい場合があります。そこで、当院ではう蝕検知液を使ってむし歯を判定しています。う蝕検知液を使うと、むし歯になった部分が赤く染まるので、その部分を除去することでむし歯だけを取り除き、削る部分を最小限におさえることができます。

COの治療CO
ごく表面にできたむし歯で、まだ穴が空いていない状態です。適切な歯みがきをすれば、もとの健康な状態にもどる可能性があります。

C1の治療C1
歯の表面のエナメル質がむし歯になり、小さな穴が空いた状態です。この部分には神経がないので、痛みを感じることはありません。むし歯になっている部分を削り取り、樹脂(レジン)や金属などで埋めます。

C2の治療C2
むし歯が象牙質(エナメル質の下の部分)まで達している状態です。冷たいものを飲んだり甘いものを食べたりするとしみたり痛んだりします。治療には痛みをともなうことがあるので、麻酔をすることがあります。むし歯になっている部分を完全に取り除き、むし歯の深い部分には歯を保護するために薬を詰めます。歯の形を整えてから被せものや詰めものをつけます。

C3の治療C3
むし歯が歯髄(神経)まで達した状態です。この段階まで来ると、激しい痛みを感じます。神経を取る治療が必要になります。むし歯菌がこれ以上奥に感染しないように歯髄を取り除き、歯の内部を洗浄した後完全に消毒します。その後に充填剤を詰め、被せもの(クラウン)を装着します。

C4の治療C4
末期のむし歯です。根っこを残して歯冠の部分はほとんど崩壊してしまいます。膿がたまったり、腫れたりすることがあります。歯を残せる可能性もありますが、最悪の場合は抜歯することになります。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制