歯周病との関係が深い病気と生活習慣

プラークで増殖する細菌は毒素を出して歯肉の抵抗力を低下させます。その結果、歯周病が発症しやすくなっていきます。また、生活習慣や生活習慣病も歯周病リスクを高めることが知られています。

●糖尿病
糖尿病になると全身の抵抗力が低下し、歯周病を発症・進行させやすくなります。反対に歯周病になると、糖尿病の症状を悪化させることも分かっています。糖尿病の患者さんは、歯周病を治療すると同時に血糖値のコントロールも適切に行わなければ、どちらの病気も改善に向かいません。

●喫煙
喫煙は歯肉や歯周組織の抵抗力を低下させる原因となる習慣です。歯周病リスクを高めるだけでなく、歯周病の進行を進めることも明らかになっています。また、タバコを吸う人だけでなく、タバコの煙を吸ってしまう受動喫煙も同様に歯周病リスクが高まります。

●ストレス・疲労
ストレスや疲労の蓄積は体の抵抗力を弱め、歯周病にかかりやすくなります。ストレスや疲労をためないよう、日頃から気をつける必要があります。

●歯ぎしり
歯ぎしりをしていると、かみ合わせに悪影響がある他、知覚過敏を悪化させたり顎関節症や肩凝りの原因となります。そして歯周病にとっても、過度な力が歯周組織に加わることで炎症が起きやすくなり、発症させやすくなるといわれています。

●口呼吸
口呼吸によって口の中が乾燥すると、ほんらい自浄作用がある唾液がなくなってしまうので歯周病やむし歯が発生しやすくなります。

●歯並びの悪さ
歯並びが悪いために磨き残しが出やすく、むし歯や歯周病になりやすい環境となってしまいます。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制