従来の治療法とインプラント治療法との比較

歯が一本抜けた場合従来の治療法
●従来の治療法......ブリッジ
ブリッジの支台にするために両隣の歯を大きく削る必要があります。

●インプラント
歯が抜けた部位にインプラントを埋入し、人工の歯を被せるので、両隣の歯を削る必要がありません。

奥歯が抜けた場合従来の治療法
●従来の治療法......部分入れ歯
入れ歯を固定する金具などに異物感を感じたり、入れ歯を支えている歯に負担がかかることがあります。

●インプラント
入れ歯を固定する金具がないので異物感がありません。また、他の歯に負担をかけることもありません。

歯が全部抜けた場合従来の治療法
●従来の治療法......総入れ歯
入れ歯が口の中で動いてしまい、噛みづらくなったり話しづらくなったりするなど、不便を感じることがあります。

●インプラント
インプラントにより入れ歯をしっかり固定できるので、入れ歯を気にせず食事や会話を楽しむことができます。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制