他院で治療を断られた場合も治療できます

院長あいさつインプラントが十分に長く機能していくには、インプラントを埋入する部位の骨の量に十分な幅と高さが必要です。しかしCT診査の結果、骨の量が不足している場合には骨造成法の手術を行う必要があります。当院ではこの治療を行うことにより、他院では治療を断られた患者さんの多くにインプラントの素晴らしさを実感していただいております。

また、重度の歯周病で歯を失い、前歯だけが残っているという場合でも、インプラントを奥に埋入することにより前歯を残すことが可能になります。これは入れ歯では不可能で、インプラントによって前歯も長持ちさせることができます。

ソケットリフト
上顎の骨がない場合に、上顎にインプラントを埋入する治療法です。上顎の骨には上顎洞という空洞があり、そこに骨の代わりになる充填材料を埋めることによりインプラントの埋入を可能にします。残存歯槽骨の量が5~7mmの場合に行います。
※上顎洞炎(蓄膿症)がある場合や、骨の状態によっては手術が不可能になることもあります。

サイナスリフト
上顎骨は下顎骨に比べて骨吸収の量が多く、骨量が不足するケースが多くなります。そこで、上顎にインプラントを埋入するスペースを作るため、骨が薄い部分の上顎洞に自家骨や骨補填材を置いて、そこに骨を作ります。残存歯槽骨の量が1~3mmの場合に行う治療法です。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制