顎関節症の治療

顎関節症の治療他の歯科疾患と違って、顎関節症は症状を見ることができません。顎関節症とは、ものを噛む運動(咀嚼運動)がうまくできないために、顎関節に負担がかかってしまうことから発症する病気だからです。

治療は、原因と症状の程度にもよりますが、まずは生活習慣の指導から行います。その後、かみ合わせが悪い場合はかみ合わせの調整を行います。そして、食いしばりが激しい場合にはマウスピースを装着していただくことで改善をはかります。歯並びやかみ合わせが悪い場合はマウスピースにて下顎がリラックスしたポジション(位置)を探して、その位置で身体の症状が改善すれば、積極的に矯正治療を行い、噛み合わせを治していきます。
全身においての最適な下顎位を常に考えています。下顎は筋肉に支えられているため、ちょっとしたことで毎日、変化します。下顎位がリラックスした状態で変化しづらい、噛み合わせをいかに作ることが大切になります。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制