歯内療法・治療の流れ

歯内療法・治療の流れ細菌によって汚染された根の中を、ファイルという針金のようなヤスリでこすり落として消毒し、薬で密閉して細菌をなくす方法です。少しでも細菌に侵された根が残ってしまうと、その部分から再び細菌が増殖していき、いつまでも痛みが取れなかったり、再発を繰り返してしまいます。

【STEP1】レントゲン撮影
レントゲン写真を撮って、症状の確認をします。
次へ
【STEP2】根管の内部に細菌が入るのを防ぐ
根管内部に唾液や歯垢が入ってしまうと感染が起こり、痛みが取れなかったり再発を繰り返すことになります。そのためラバーダム等を使って、唾液などが根っこの中に入らないようにしながら治療を進めます。
※ラバーダムの使用は自費診療となります。歯の根の状態によりラバーダムがかけられない場合があります。
次へ
【STEP3】歯髄を完全に除去する
神経のある管の数は人によって、また歯によっても異なります。1本でも見逃してしまうと痛みが出たり、再発してしまったりします。すべての根管から丁寧に歯髄を取り除き、十分な消毒をする必要があります。
次へ
【STEP4】根管の中の形を整える
神経があった根管の形は円形とは限らず、楕円形をしていたり、三角形や樋状だったり、二股状になっていることもあり、非常に複雑です。これらの中をすべて消毒し、根管の中に薬を入れやすい形に整えていきます。
次へ
【STEP5】緊密に薬を充填する
整形し終わった穴に、ガッタパーチャ(ゴムのような薬)を緊密に詰めていきます。神経を失った歯は再感染しやすく、管の中に空気が残ってしまうと痛みや再感染の原因となるので、隙間が空かないように薬を詰めることが重要です。
次へ
【STEP6】支台を作る
もう一度歯をつくるための土台を作ります。
次へ
【STEP7】歯冠を被せる
土台の上にクラウン(被せもの)を被せて治療を終えます。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制