咬合誘導の考え方

咬合誘導の考え方乳歯の歯列から永久歯の歯列への発育過程で、歯と歯列のアーチ型、上下の歯列と顎、顔面のそれぞれのバランスがちょうどよく取れるようになるために、お子さんが本来持っている成長力を可能なかぎり引き出すように手助けをするのが咬合誘導です。さらに、咬合誘導には乳歯をむし歯で失わせないことや、被せものや詰めものをして永久歯が生えるまでかみ合わせの幅や高さを保つこともその範疇に入ります。

咬合誘導では、お子さんの歯並びやかみ合わせの状態に合わせてさまざまな装置を使用しています。それらを使って、顎や歯の成長の力を借りながら、バランスの取れた適正な歯並びやかみ合わせを誘導していきます。

当院で主に使用している装置
●機能的顎矯正装置
主に下顎が小さいお子さんに使用する装置です。下の歯を前に出すようにかみ合わせることで、下顎の成長を促します。自分で着脱が可能なので、家にいる時や寝る時に使用します。

●拡大装置
歯列の横幅が狭いお子さんに使用します。横幅を広げることで、上下の横幅のバランスを整えたり、歯が並ぶための隙間を作り出します。

●プレオルソ
マウスピース型矯正装置です。歯並びを悪くしている口周辺の筋肉のトレーニングをすることで歯を動かし、適正な歯並びを目指します。プレオルソをすることで、お口に指を入れる態癖(習慣的な癖)を防止するのにも役立ちます。

●保隙装置
6歳臼歯が生えてきてから、小臼歯が生え変わるまで2〜4年かかります。その間、6歳臼歯近心傾斜してきたり、態癖により小臼歯の生えるスペースがなくなったりします。それを防ぎ、永久歯の生えるスペースを確保する装置です。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制