不正咬合(かみ合わせの悪さ)がおよぼす身体への悪影響

身体への悪影響●むし歯、歯周病
歯並びが悪いために歯みがきをしても磨き残しができ、むし歯や歯周病になりやすくなります。

●顎の痛み
上下の前歯がかみ合わない人や開咬の人は、顎が前後左右に動くときに痛みを感じたり、顎関節を動かすとジャリジャリといった雑音が生じやすくなります。

●頭痛
顎のまわりの筋肉が異常に緊張して筋肉が硬くなり、血流が悪くなって頭痛の原因となります。

●腰痛
かみ合わせの悪さは、肩凝り・腰痛・姿勢の悪さとも密接な関係があります。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制