インビザライン矯正のセミナー12月に開催 (船橋)


JIADS総会のランチョンセミナーでインビライン矯正治療のメリットについてお話しする機会を頂きました。

僕は下顎位を考慮した矯正治療が大切だと思っています。

矯正装置はなんでもいいと思っています。矯正のゴールが大切だと思っています。

最近、本当に歯が倒れていて顎が後ろに下がっていっている人が本当に多く、それにより奥歯に痛みが出たり、しみたり、かけたり、破折したりしています。また、それに伴い不定愁訴を訴える人が多いです。

下顎はブランコと同じで筋肉にぶら下がっている状態です。3次元で歪んでいます。顎の位置を治すために矯正をすることが大切です。

頭蓋を中心とした体幹に対しての下顎の3次元的位置です。

適正な下顎位を探すことにより、その人本来、持っている美しい顔貌に近づけていく。