top of page

前歯のインプラント治療4年後の状態 審美インプラント(船橋)

前歯のインプラント治療は審美領域のため、とても難しいです。日本人は前歯の骨が薄く、とても難しいケースが多いです。

院長先生はインプラント手術歴20年の経験豊かな先生です。

笑顔と調和するインプラント治療がとても大切だと思います。

インプラント治療をしたら終わりではなく、長期的にメインテナンスをしていくことがとても大切である。

長期的に安定するとセラミックと歯肉の調和がとても良くなってきます。

患者さんはインプラント治療して4年後の状態ですが治療後よりとても安定しています。

長期的に安定する審美と機能を備えたインプラント治療を目指しております。




Comments

Couldn’t Load Comments
It looks like there was a technical problem. Try reconnecting or refreshing the page.
bottom of page