呼吸がしづらい 気道を広げる矯正治療

最近、子供でも呼吸がしづらい、いびきをかく、夜寝ているときに喉が詰まって起きるなどの症状の方が増えています。

その原因の一つに噛み合わせが原因になっていることがあります。

顎が小さかったり、噛み合わせが低い人は、舌が喉の方に行き、舌根沈下を起こしやすいです。それにより気道を圧迫し、呼吸がしづらくなります。

また、寝ているときは顎が後ろに下がりやすいため、余計になりやすいです。

大人でも若い頃は大丈夫でも40歳以降になるとかみ合わせがすり減ってきたり、歯の移動が起きてきて、だんだんと噛み合わせが低くなり、イビキをかいたり、気道が詰まりやすい症状が出ます。

噛み合わせをあげる治療が矯正では可能になります。

つかだ歯科医院では矯正前にCT撮影を撮影し、気道の容積を図り、目に見える化をしております。そして矯正後に気道が広がっているか再度CTをとり、気道の容積を計測しております。

下の症例写真は矯正前と矯正後の気道の容積の比較写真になります。治療後に広がっているのがわかります。舌のポジションもよくなっています。


KNOWLEDGE

難症例に対してもあきらめない。

つかだ歯科医院は、難症例に対しても、さまざまな角度から治療法を考え、解決の糸口を探ります。

常に目の前の患者さんに集中し、期待以上の結果が出せる治療を追求していきます。

doctorsfile.png

○火曜午後 18:00まで ○木曜 13:00まで ○土曜午後 17:00まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

​※2020年1月より月・水・金の診療時間を9:30〜18:30に変更致します。

完全予約制

047-430-1266

td_logo.jpg

つかだ歯科医院

日本臨床歯周病学会認定医

〒273-0042

千葉県船橋市前貝塚町535-1

ソレイユ華 1階

©2018 Tsukada Shika Iin. All Rights Reserved.

invisalign.png
readlead.png