子供矯正 いつすればいいの?パート2(船橋)

子供の矯正でいつも思う事は最小の介入で最大限の結果を得ることを考えて治療しています。本来は歯並びが悪くならない予定だったのに、2次的な影響で正しい成長路線から外れてしまったと判断した場合はそこですぐに治療介入すべきだと思います。

それを逃すと顎が曲がって成長したり、顔が歪んで成長してしまう原因になります。

正しい発育、成長路線に誘導してあげれば、本来の正常な場所に顎と噛み合わせが戻っていきます。下の症例も上のアーチを少し整えてあげただけです。何もしなかったらこのまま不正咬合になっていたと思います。そうすれば、治療費もすごく安くて患者さんの負担も少ないです。