左右対称の美しい顔貌に近づけていく矯正治療

僕の目指す矯正、咬合治療は

上顎歯槽弓を顔面頭蓋の正しい位置に垂直的にも水平的にも左右均等に位置付けるために歯牙移動を行い、それに合わせて下顎を嵌合させ、適正な顎位を探ることによりその人本来もっている美しい顔貌に近づけることが目標であります。


なので、右上2番は絶対に抜かない。

右上2番を抜いた途端、左右均等の顔貌になっていかない。

なぜなら上顎歯槽弓の形が変わるからである。