歯茎が痩せている部分に歯茎を移植して11年後の経過

こんにちは

今日は、歯茎の移植(歯周形成外科)の長期症例です。

歯周病が重度で、左下にすごく歯と歯の間にスペースがあり、歯茎が痩せていて、物が詰まりやすく、審美的にも気になるとのことでした。今から、12年前に初診にいらして頂いた患者さんです。

痛い思いをして、手術を受けて頂きました。手術後は腫れたりして大変でした。

移植直後はあまり、歯茎が盛り上がってないですが、厚くてしっかりとした歯茎を上の顎(口蓋)から移植することにより、年々、歯茎がクリーピングといい、盛り上がってきます。患者さんも当初は半信半疑でしたが、今では大変満足しています。

移植した直後は分かりづらいですが、メインテナンスして行くうちに丈夫で、しっかりとした歯茎に置き換わり、歯茎が痩せづらい状態になります。

あの時は、先生の言っている意味がわからなかったけど、今はとてもわかるそうです。

移植していて良かったと本当に喜んでくれてます。

仮に移植をしてなかったら11年後の歯茎はもっと痩せていたと思います。


KNOWLEDGE

難症例に対してもあきらめない。

つかだ歯科医院は、難症例に対しても、さまざまな角度から治療法を考え、解決の糸口を探ります。

常に目の前の患者さんに集中し、期待以上の結果が出せる治療を追求していきます。

doctorsfile.png

○火曜午後 18:00まで ○木曜 13:00まで ○土曜午後 17:00まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

​※2020年1月より月・水・金の診療時間を9:30〜18:30に変更致します。

完全予約制

047-430-1266

td_logo.jpg

つかだ歯科医院

日本臨床歯周病学会認定医

〒273-0042

千葉県船橋市前貝塚町535-1

ソレイユ華 1階

©2018 Tsukada Shika Iin. All Rights Reserved.

invisalign.png
readlead.png