気道を広げる歯列矯正(船橋)噛み合わせ治療(塚田歯列矯正勉強会)

くいしばりがひどいと噛み合わせが崩壊していきます。

噛み合わせが低くなると、口の中の高さがなくなり、狭くなり、舌根沈下しやすくなる。

舌が喉のほうにいきやすくなり、気道を狭くなりやすく、夜、寝ている時に舌が気道を狭めてしまい、呼吸が苦しくなったりまします。

いびきや無呼吸性症候群の原因になります。

また、いろんな不定愁訴を引き起こす可能性があります。

矯正治療にて、顎のポジションを考えながら、噛み合わせをあげる治療していく。

顎が下がっている(後方回転)人は、前方回転させていくことで、口の中の高さが本来の高さに戻り、気道が広がっていきます。噛み合わせがよくなると本当に症状も緩和して、顔も綺麗になるし、すべてが本当によくなる方向にいきます。