歯を残す顕微鏡での精密根管治療 CTとマイクロスコープの応用

根管治療において、マイクロスコープは本当に必要だと思います。本

当によく見えるし、今まで、治しきれてない根の治療を治すことが出来るようになりました。また、3次元的なCT診断もとても大切で、デンタルエックス写真ではそれほど、根尖病変が大きくないが、CT写真を撮ると、ものすごく病巣が大きい場合があります。3次元で診断することで、根の形も想像しやすく、本当に必須だと思います。

顕微鏡治療を希望される患者さんが増えました。

顕微鏡治療を希望される方はスタッフまで、お尋ねください。

下の症例写真は右上7番の感染根管治療です。デンタルでは原因歯が特定しづらかったですが、CT撮影するとこんなに大きい病巣がありました。顕微鏡治療はまた、治療回数が少なくて済むのと治りも早い気がします。