歯を残す顕微鏡での精密根管治療 CTとマイクロスコープの応用

根管治療において、マイクロスコープは本当に必要だと思います。本

当によく見えるし、今まで、治しきれてない根の治療を治すことが出来るようになりました。また、3次元的なCT診断もとても大切で、デンタルエックス写真ではそれほど、根尖病変が大きくないが、CT写真を撮ると、ものすごく病巣が大きい場合があります。3次元で診断することで、根の形も想像しやすく、本当に必須だと思います。

顕微鏡治療を希望される患者さんが増えました。

顕微鏡治療を希望される方はスタッフまで、お尋ねください。

下の症例写真は右上7番の感染根管治療です。デンタルでは原因歯が特定しづらかったですが、CT撮影するとこんなに大きい病巣がありました。顕微鏡治療はまた、治療回数が少なくて済むのと治りも早い気がします。


KNOWLEDGE

難症例に対してもあきらめない。

つかだ歯科医院は、難症例に対しても、さまざまな角度から治療法を考え、解決の糸口を探ります。

常に目の前の患者さんに集中し、期待以上の結果が出せる治療を追求していきます。

doctorsfile.png

○火曜午後 18:00まで ○木曜 13:00まで ○土曜午後 17:00まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

​※2020年1月より月・水・金の診療時間を9:30〜18:30に変更致します。

完全予約制

047-430-1266

td_logo.jpg

つかだ歯科医院

日本臨床歯周病学会認定医

〒273-0042

千葉県船橋市前貝塚町535-1

ソレイユ華 1階

©2018 Tsukada Shika Iin. All Rights Reserved.

invisalign.png
readlead.png