院内技工とは

院内技工

当院ではトップレベルの技術を修得した技工士が常駐して、患者さんの納得のいく被せものをお作りしています。多くの歯科医院では被せものの治療を行う場合、外部にある歯科技工所に製作を依頼します。しかし、当院では院内に技工施設を併設しており、これを院内技工といいます。

院内技工のメリット
・患者さんのご要望を直接、技工士がお聞きします
・患者さんの治療情報をドクターと共有できます
・仮歯から技工士が立ち会いながら仕上げます

当院の技工士について

当院の技工士当院の技工士は、審美補綴の分野では最高レベルの研修施設である大阪セラミックトレーニングセンターで研修を受け、歯の形態について徹底的に技術を磨いてきました。オールセラミックによる被せものを中心に製作していますが、天然歯と変わらない形と色を実現し、患者さんから高い評価を得ています。

さらに現在、SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)という、美しいだけでなくかみ合わせにも優れた被せものの製作で、日本のトップレベルにあるスタディ・グループに参加し、更に高い技術の修得を目指しております。

院内技工士としてのこだわり
被せものを作るには、まず第一に患者さんが気に入る色、形のものになることを第一に考えています。そのためには、仮歯を作る段階から患者さんの希望を直接うかがい、実際にカメラで写真を撮るなどして厳密に作業を行っています。普通の技工所ではなかなか細かい注文が伝わりにくいという面がありますが、院内技工では柔軟に患者さんのご要望に応えることができるというメリットがあります。

また、せっかくご要望に添った被せものを作ったとしても、長持ちしなければ意味がありません。そこで外見だけでなく、かみ合わせといった歯の機能的な面にも重点を置いて作ることを大切にしています。SJCDでこの技術レベルを向上させて参ります。

院内技工のメリットとして、外部の技工所に頼むのよりも早く作製できるというメリットもあるかと思いますが、当院ではむしろ、早く仕上げるよりは多少お時間をいただいても丁寧に作る、ということを大切にしたいと考えています。

当院の技工士の紹介当院の技工士
【経歴】
・宮崎歯科技術専門学校卒業
・JIADS技工コース受講
・筒井塾 矯正コース/咬合療法コース受講
・大阪セラミックトレーニングセンター週末コース卒業 藤本賞受賞
・大阪SJCD技工コース受講

技工物について

セラミッククラウンセラミッククラウン
従来、被せもの(クラウン)には金属を使うことが多々ありました。たしかに金属は材料として強度があるので、目的にかなった素材といえます。しかしながら審美的に見て、優れているとは言えないのも事実です。

そこで当院では、審美的に優れ、更に金属アレルギーの心配もないセラミックの詰めもの、被せものに力を入れています。またセラミックは、レジン(プラスチック樹脂)と違って経年による変色の心配もないという特長もあります。

当院ではその他、ラミネートベニア、メタルボンドなど、審美的に優れた実績を上げています。これもまた、院内技工で高いレベルのものができるからに他なりません。

当院の審美・美容歯科はこちら

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制