小児歯科、矯正治療

Q. 小さい子どもでも連れて行って大丈夫でしょうか?
A.大丈夫です。院長自身、双子の小学生がおります。安心して連れてきてください。ベビーカーで来院される方もいらっしゃいます。

Q. 永久歯が乳歯の後ろから生えてきてしまっています。大丈夫でしょうか?
A.大丈夫です。こうしたお子さんの歯に関する質問の多くは、大丈夫なケースが非常に多いのです。ただし、ごく稀にその乳歯が原因で永久歯が生えてこない場合があります。一度、来院してレントゲン写真の撮影をすることをおすすめします。

Q. 子どもの歯並びが気になるのですが、いつのタイミングで矯正治療をしたらいいでしょうか?
A.当院では積極的に咬合誘導を行っています。まず、5~6歳くらいから、顎が小さいお子さんや反対咬合、交叉咬合、過蓋咬合のお子さんには積極的に装置を使用しています。当院の小児矯正は歯を動かすというより、顎や歯列が小さい子に対して、歯列拡大や保隙装置をいれ、永久歯の萌出スペースを確保し、舌のトレーニング、生活習慣の指導を行い、歯が倒れてくるのを防ぎます。

Q. 矯正治療の費用はどのくらいですか?保険は効きますか?また、期間はどのくらいかかりますか?
A.矯正治療はすべて自由診療になります。子どもの場合は第1期治療と第2期治療に分かれます。第1期治療でも歯並びやかみ合わせがうまくいかなくなった場合は第2期治療に入ります。その場合は期間が長くなります。成人矯正の場合は3年くらいかかります。

Q. 若い頃は歯並びがきれいだったのに、最近、だんだん歯並びが悪くなってきました。どうしてですか?
A.歯は常に動いています。歯は頑丈で動かないものだと思っていないですか? 矯正で歯を動かす時には、かなり弱い力でも動いていきます。それゆえに生活習慣が大事になります。長時間、同じ姿勢をしていると体が歪んでいくのと同じで、顎も生活習慣によってズレていきますし、歯も倒れていきます。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制