くいしばりで、噛む力が強く咬合崩壊しているケース(咬合高径、咬合平面が大切)(船橋)

最終更新: 6月11日


ブラキオフェイシャルタイプ(エラが張っている人)で、咬合力が強く、すれ違い咬合になっています。下顎位も左側に偏位しており、お顔も歪んでしまっています。

噛む力が強い人で、くいしばりがひどい人です。

くいしばりで噛む力が強い人は、どんどん、噛み合わせが低くなり、低くなると咀嚼筋の活動域が大きくなり、より咬合崩壊の道に進んでいきます。

力により、歯が破壊されていきます。

下顎位も偏位している側にどんどんズレていきます。

欠損(歯がないところ)は歯がどんどん挺出していきます。(伸びていきます)。

この患者さんも歯が伸びてきているのと、噛み合わせが低くなり、上顎の顎提に下顎臼歯部が噛み込んでいます。

上顎前歯もかなり、挺出しています。(伸びている)

費用の関係で矯正治療はできませんでしたが、インプラントを用いて、噛み合わせをあげて、顎のポジションを修正して、臼歯部の咬合平面を改善して3次元的に下顎のポジションがある程度許容できるところまで、改善させた症例になります。

このようなケースは本当に治療していくのが難しいです。

治療途中で、いろんな困難にあいましたが、なんとか乗り超えることができました。

診査、診断、治療計画がとても大切になります。

噛めるようになり、また、お顔の歪みもとれ、ある程度の治療目標は達成できて患者さんにも満足していただきました。

今後は定期検診で何を見ていくか、ただ、クリーニングだけしてもこういう患者さんは壊れていきます。力のコントロールを見ていくことがメインテナンスで最も大切になります。





初診より、咬合平面がよくなている。

咬合高径が上がり、3次元的に左側にズレている顎位を修正している。


               初診の顎運動の動画




              治療後の顎運動の動画