top of page

インビザライン社からの盾(インビザライン矯正、マウスピース矯正、アライナー矯正)2023年(船橋)

インビザライン社より2023年、プラチナドクターの盾が届きました。

インビザライン矯正で、悩んでいる人は、噛み合わせを考えた矯正治療を実地するつかだ歯科医院までお問い合わせください。

当院では、最近、インビザライン矯正、マウスピース矯正後のセカンドオピニオンがとても多いです。

ほとんどの症例で噛み合わせが悪く、再矯正治療を行なっています。

やり直しの矯正治療はさらに難易度が上がり、歯科医師の技術、経験がとても必要になります。

矯正治療は本当に歯科治療の中で一番、難しい治療になるため、骨格、歯列、顔、噛み合わせなどの術前の診査、診断、治療計画がとても大切である。

また、歯科医師の矯正治療の経験年数もとても大切である。

矯正治療は治療期間が長いため、一人前になるには10年は臨床経験が必要になる。

矯正治療は単に歯を並べるだけではなく、生体に調和した噛み合わせを考えた矯正治療がとても大切であると考えている。

歯は一生、動いているため、将来を考えた矯正治療をお勧めします。




Comments


bottom of page