インプラントスクリューリテイン(ねじ留めタイプ)(船橋)

最終更新: 6月11日

インプラント補綴がここ数年で、材料や材質がとても良くなりました。

ジルコニアがすごく普及しており、オールセラミックのネジ留めタイプが可能になっています。オールセラミックは本当に汚れ(プラーク)がつきづらいです。

現在、つかだ 歯科医院のインプラント治療はほとんどがネジ止めタイプのインプラント治療を行なっております。(ねじ留めにできない時もまれにあります。)

なぜなら、いつでもインプラント上部構造が外せるようにするためです。

インプラントした時は健康でよかったかも知れないが、将来、全身的に重い病気になるかかる可能性もあります。健康でいられたら、それはそれで幸せな人生でとてもいいことです。

不測の事態に備える必要があります。

例えば、寝たきりになった場合にどうするのか?

痴呆症になったり、自分ではメインテナンスが困難になった場合のことも考えて、ネジ止めタイプにしております。

患者さんの将来のことを考えるのも歯医者の役割だと思います。

ねじ止めにするためには、術者のインプラント診査、診断、設計、手術の技術がとても大切になります。

現在は審美的にも ねじ留めにしてもほとんど、わからないようにできます。

今日はねじ留め部分を封鎖するところの症例になります。

どこにネジがあるのか?全くわかりません。

とても綺麗に仕上がります。