主訴:どこで噛んでいいかわからない。(インプラント、矯正治療、噛み合わせ治療、審美治療) 船橋

こんにちは、舌低位の患者さんです。舌低位の患者さんは下顎が後退しやすいです。顎が後ろに下がり、噛み合わせがおかしくなり、いろんな症状があります。一番は噛む場所がいつも特定の場所がなくうまく噛めません。どこで噛んでいいかわからない状態です。歯がすり減り、溝がなくなり、安定する場所がないです。この状態で1歯1歯の治療をしていてもよくなるどころか、どんどん悪くなります。

木を見て森を見ずです。

この症例は本当に難しいです。なので、相当な知識と経験がないと全顎治療してもよくなりません。今後も注意深いメインテナンスが必要になります。

歯科はまだまだ、わかってないことが多いです。医療は本当に日進月歩だと思います。このような困っている患者さんが今後、増えないことを祈ります。もちろん当院では全力を尽くして治療します。1歯1歯治療して大丈夫な人がほとんどですが、噛みあわせが崩壊している人は1歯1歯治療しても全くよくなりません。全体的に治療しないと本当に一生、歯で苦労することになります。特に骨格の診断が大事になります。



左側が治療前で、右側が治療後です。オープンバイト気味だったのを咬合平面をフラットしていき、臼歯部を近心移動させ、バイトを詰めていき、咬合高径を下げていきました。