前歯の審美インプラント(歯茎移植、骨造成) 船橋

今日は前歯のインプラントです。当院では究極をいつも目指しています。

前歯のインプラントは本当に審美的に仕上げるためにいろんなことを考えてやらないと本当に失敗して大惨事になります。セカンドオピニオンで本当に可哀想な患者さんをいっぱい見てきました。自分が治療受けたら、こんな治療を受けたいのか、自分の家族がもしそうなら高いお金を払ってこんな治療を受けたいのか、いつも自問自答しながら、治療計画を立てます。手術の時も何回も確認します。本当にインプラントポジションがここで正しいのかどうかを何回もチェックします。埋入深度が本当にこの深さでいいのかどうかなど、本当に細かくチェックします。また、骨造成や歯茎の移植が必須になります。なので、常に究極を目指さないと満足いく結果が得られないです。

下の写真はまだ、仮歯の状態です。仮歯で今後、ティッシュマネージメント(歯肉の形態)を作っていきます。