前歯の審美歯科症例 長期経過

10年前に前歯が虫歯で、折れてきて残せそうにない状態でした。でもなんとか根管治療と歯周外科治療を行い、保存することができました。

10年間、大きなトラブルもなく、持たせる事が出来ました。前歯の治療は治療直後は綺麗なのは当たり前です。10年間、いろんなものを食べて、トラブルなく過ごせたことにより、口腔内が長期的に安定している事が大切です。

機能と審美が伴い、それが長期に安定することにより、初めてその治療が成功したと言えると思います。

いつも長く持たせるためにはどのような治療をしたほうがいいかと常に考えて治療に取り組んでいます。その場限りの治療は10年後に痛い目をみる事が多いです。

また、記録写真がないとどういう治療が成功したか評価する事が出来ません。患者さんの口腔内の安定の経過を追うためには本当に大切な事です。

下の写真も10年間写真を撮り続けたおかげで、いろんな事がわかります。

メインテナンスには絶対に欠かせません。

ちょっとした噛み合わせの変化が咬合崩壊へと移行してしまいます。今後は20年持たせれるように頑張って行きたいとおもいます。