口腔インプラント学会に参加

日本口腔インプラント学会に参加して来てしました。

日々、インプラントも進歩していていますが、日本の超高齢化社会において

将来の予測をしてインプラント治療をしないと天然歯がダメになったら、追加のインプラントが必要になったり、インプラントが邪魔になったり治療が複雑になったりします。

インプラントをしたけれど、噛めないということになるとインプラントをした意味がないです。

どこが将来、壊れくれるのかを予測をして診査診断を行わないと全てがダメになってしまいます。そうなると患者さんが本当にかわいそうになります。

なぜその歯がダメになったのか、骨格、歯並び、かみ合わせの問題が本当に大切になります。バランスのいい噛み合わせの状態にしてインプラント治療することが将来安定した口腔内を保つ事を再確認しました。

今後も患者さんのために頑張って行きたいと思います。