子供の矯正 いつするの?パート3

6〜8歳で上の前歯の永久歯が2本生えてきます。その時に歯並びと噛み合わせをチェックしたほうがいいです。 

受け口や出っ歯、交叉咬合などいろんな事がわかります。一番多いのが、上下歯列弓(アーチ)が狭くなっていて歯並びが悪くなっている子供がすごく増えています。

原因は態癖といい、横むき寝、うつぶせ寝、頬づえなど、二次的な原因が大きいです。

歯のアーチが狭くなり、永久歯の生えるスペースがないって事です。

その場合は、ちょっとした矯正で、解決出来ることが多いので、積極的に治療介入して、正しい成長路線に戻してあげる事が大切です。

幼少期の矯正は正しい成長路線の方へ導いてあげる事が最も大切だと思います。

下の症例写真もちょっとした治療介入で正しい成長路線に戻っています。

しっかり上下U字型の歯列弓(アーチ)になっていると思います。