小児矯正で大切なこと

小児矯正で、大切なことはいつ、どの時期にどんな治療装置を使用するかが大切です。

今は、矯正が進歩して、いろんな矯正装置があります。

間違えて使用すると、悪くなる場合もあります。

適材適所で、装置を使用していくことが大切です。

できれば、最小の力で最大限の力が発揮できるようにすることが大切です。

そもそも、歯並び、噛み合わせが悪い原因を突き止めて、今後、どのような成長路線をその子がたどるかを予測する必要があります。

骨格、歯の生え変わりの 将来の成長予測が大切です。

それには歯医者さんの経験が必要になります。

矯正治療は期間が長いので、経験がないと将来の成長予測ができないです。

また、矯正が終わっても後戻りやかみ合わせがズレてきてないかチェックが必要です。

早めにわかれば、ちょっとした装置で元に戻すことも可能です。

矯正が終わったからが本当にかみ合わせが安定しているかどうかがわかるのです。

症例のお子さんは上下の歯がしっかり噛んでいるので、矯正終了してから、3年立ちますが、特に後戻りもなく、安定しています。

かみ合わせが上下左右バランスよく噛んでいると後戻りが少ないです。




KNOWLEDGE

難症例に対してもあきらめない。

つかだ歯科医院は、難症例に対しても、さまざまな角度から治療法を考え、解決の糸口を探ります。

常に目の前の患者さんに集中し、期待以上の結果が出せる治療を追求していきます。

doctorsfile.png

○火曜午後 18:00まで ○木曜 13:00まで ○土曜午後 17:00まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

​※2020年1月より月・水・金の診療時間を9:30〜18:30に変更致します。

完全予約制

047-430-1266

td_logo.jpg

つかだ歯科医院

日本臨床歯周病学会認定医

〒273-0042

千葉県船橋市前貝塚町535-1

ソレイユ華 1階

©2018 Tsukada Shika Iin. All Rights Reserved.

invisalign.png
readlead.png