日本口腔インプラント学会治療指針 2020年

日本口腔インンプラント学会よりインプラント治療指針2020年版が発行されました。

今年のインプラント学会もこれに則って行われました。




不正咬合(歯並び、噛み合わせが悪い状態)のまま、インプラント治療されているケースがとても多いです。

セカンドオピニオンにいらっしゃる患者さんのほとんどがそうです。

歯並びやかみ合わせが悪いまま、インプラント治療すると必ず、のちにトラブルを引き起こします。

歯並びやかみ合わせが悪い場合は、それを改善したのちにインプラント治療することが望ましいと口腔インプラント学会の治療指針に記載されています。



口の中は、毎日、噛んでいるため、とても強い力が加わります。上下の力のバランスが悪いと咬合力がそこに集中して、過重負担となり、インプラントの破折や、インプラント周りの骨吸収が引き起こす原因となると記載されています。




歯並びやかみ合わせがとても悪い場合は咬合再構成が必要とも記載されています。


以上のことから、インプラント治療を行う際に全体のかみ合わせを見て、治療するの事はとても大切かつ重要な治療になります。

かみ合わせの調整はミクロン単位です。本当に難しい治療にあります。



KNOWLEDGE

難症例に対してもあきらめない。

つかだ歯科医院は、難症例に対しても、さまざまな角度から治療法を考え、解決の糸口を探ります。

常に目の前の患者さんに集中し、期待以上の結果が出せる治療を追求していきます。

doctorsfile.png

○火曜午後 18:00まで ○木曜 13:00まで ○土曜午後 17:00まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

​※2020年1月より月・水・金の診療時間を9:30〜18:30に変更致します。

完全予約制

047-430-1266

td_logo.jpg

つかだ歯科医院

日本臨床歯周病学会認定医

〒273-0042

千葉県船橋市前貝塚町535-1

ソレイユ華 1階

©2018 Tsukada Shika Iin. All Rights Reserved.

invisalign.png
readlead.png