東京医科歯科大学にて矯正と噛み合わせについて講演

先日、東京医科歯科大学で、若い先生に向けて矯正と咬合についてお話しさせて頂きました。正確には骨格、咬合平面を考慮した力のコントロールです。メインテナンスをしていて、歯が駄目になってくる原因のほとんどが噛む力(くいしばり)で駄目になります。力のコントロールで大事なのは矯正で歯を適切な位置に動かして、なおかつ骨格に合わせて咬合平面、噛む瞬間の平面が骨格に対して、その人のベストな場所にあるかどうかが大切です。また、噛む瞬間は上下の歯と歯が均等に噛まなければ、力の分散がうまく行きません。上下の歯並びがとても大事です。


皆さん、熱心に聞いて頂き、こちらこそ、すごくいい刺激をもらいました。