歯を残す歯周再生療法 (船橋)

残せる歯があるなら、出来るだけ残す努力をするのが歯科医師です。

ただ、歯を残したとしても確実に予後が悪いと診断した場合、再生療法をして残したとしてもその歯は機能しません。

患者さんが痛い思いまでして、結局、残りませんでしたでは本当の治療とは言えないと思います。

そのためには診断が大切になります。噛み合わせや歯茎の状態、骨欠損の状態など色々なことを考えてやらないといけません。

また、術者の技術もとても大切になります。

歯を残したはいいけど、噛めませんでは、意味がありません。

歯を残して何でも食べらるようになって、それが長く持って初めて、成功と言えます。

下の写真は再生療法の写真になります。重度の歯周病は必ず歯石がいっぱい付いているため、徹底的に歯石の除去が必要になります。

現在は順調に治癒してきているので、この歯は確実に保存できます。