歯周病患者さんの前歯のインプラント 歯茎の移植(船橋)

重度歯周病患者さんは歯がとても長くなります。なので、審美領域のインプラントがとても難しくなります。

骨造成や歯茎の移植が必須になります。

手術も診査、診断をしっかりしないといけないです。

歯医者さん側のテクニックが最も大事になります。

補綴の形態(被せ物の形)がとても大事で、

仮歯でしっかりと前歯の形を何度も調整して、それをしっかり技工士さんに伝えて、コピーして作る事が大切です。

インプラント治療後、2年経過してますが、今のところ問題ないです。