重度歯周病患者さんの全顎治療

2ヶ月に一度、他の歯医者さんでメインテナンスを受けていた患者さんです。

主訴は全然、噛めないとのことでした。

歯周病が重度で、虫歯もひどく、とても厳しい状況でした。

当初、上顎の歯は全部残せない可能性が高買ったけど、それでもなんとか歯を残しました。

上顎はいつダメになるかわからいけど、残せるだけ、残しましょうといううことでブリッジで治療しました。

でも治療後はかみ合わせのバランスが良くなり、7年たった今でもしっかり残っています。患者さんには本当に感謝されています。必ず、メインテナンスにも来て頂いております。

審美的にも良くなり、なんでも噛めるとのことです。

やはり、重度の場合は全顎的に治療しないと歯医者さんに通いながら悪くなります。

1本ずつ治しているうちにかみ合わせが悪くなるケースはよくあります。その時は全体的なバランスがどうなのか、しっかり診断する必要があります。

今後も注意深いメインテナンスをしていきたいと思います。








KNOWLEDGE

難症例に対してもあきらめない。

つかだ歯科医院は、難症例に対しても、さまざまな角度から治療法を考え、解決の糸口を探ります。

常に目の前の患者さんに集中し、期待以上の結果が出せる治療を追求していきます。

doctorsfile.png

○火曜午後 18:00まで ○木曜 13:00まで ○土曜午後 17:00まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

​※2020年1月より月・水・金の診療時間を9:30〜18:30に変更致します。

完全予約制

047-430-1266

td_logo.jpg

つかだ歯科医院

日本臨床歯周病学会認定医

〒273-0042

千葉県船橋市前貝塚町535-1

ソレイユ華 1階

©2018 Tsukada Shika Iin. All Rights Reserved.

invisalign.png
readlead.png