重症の歯周病治療後 10年経過 (船橋)(主訴:歯茎が下がってきた、歯が前に出てきた)

今から12年前に歯周病が重度で来院された患者さんです。

治療期間に2年かかりました。

なんとか、歯周再生療法を行い、自分の歯を保存治療しました。

インプラントも10年間問題なく、機能していました。

10年経つと、やっと患者さんに感謝されます。

とても歯科医師として嬉しい瞬間です。歯医者になってよかったと心から思う瞬間です。

この患者さんは10年間、定期的なメインテナンスに必ず、来院されていた患者さんです。

本当に定期的なメインテナンスは大切だと実感させられた症例になります。

患者さんは歯ブラシもとても上手で、それにも助けられていたと思います。

なんとかこのまま、持たせていきたいと思っております。

今後も頑張ってメインテナンスをしていきたいと思います。