顕微鏡での虫歯治療(ダイレクトボンディング)

左上6番の マイクロスコープ(顕微鏡)を使用して、コンポジットレジン修復をしました。咬合面形態を考えて、咬合接触点なども考慮して行ったので、治療時間は90分くらいかかりました。

顕微鏡のメリットは歯を削る量を最小限にでき、咬合するところのエナメル質を極力残すことができて、歯の強度が保つことができます。

機能咬頭がエナメル質で残るのはとても歯の寿命が長くなります。

最小の介入で最大限の力を発揮できます。

要は歯が長持ちします。

また、6番目の歯は噛み合わせを安定させる上でキーとなる歯になり、とても重要です。

6番がないと咬頭嵌合位を安定しません。

咬頭嵌合位の安定は咀嚼する上でも、顎、筋肉、噛み合わせを安定させる上もとても重要になります。

特に矯正後は6番の歯のかみ合わせが大事になります。

矯正後に噛めないってセカンドオピニオンが最近、増えてます。

ほとんどは咬頭嵌合位が安定してないケースが多いです。

かみ合わせはミクロン単位なので、とても難しい治療になります。

患者さんにはとても喜んでもらいました。