KNOWLEDGE

難症例に対してもあきらめない。

つかだ歯科医院は、難症例に対しても、さまざまな角度から治療法を考え、解決の糸口を探ります。

常に目の前の患者さんに集中し、期待以上の結果が出せる治療を追求していきます。

doctorsfile.png

○火曜午後 18:00まで ○木曜 13:00まで ○土曜午後 17:00まで

休診日:木曜午後・日曜・祝日

​※2020年1月より月・水・金の診療時間を9:30〜18:30に変更致します。

完全予約制

047-430-1266

td_logo.jpg

つかだ歯科医院

日本臨床歯周病学会認定医

〒273-0042

千葉県船橋市前貝塚町535-1

ソレイユ華 1階

©2018 Tsukada Shika Iin. All Rights Reserved.

invisalign.png
readlead.png

入れ歯では限界を感じている


食事や会話を楽しむインプラント


インプラント治療は、歯が無くなったところの歯根にあたる部分に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。

顎の骨にしっかりと固定されるインプラント治療なら、まるで自分の歯のように食事をすることができます。見た目も自分の歯のように自然に仕上げることができるので、人前でも口元を気にせず、食事や会話を楽しむことができます。



インプラントが十分に長く機能していくには、インプラントを埋入する部位の骨の量に十分な幅と高さが必要です。しかしCT診査の結果、骨の量が不足している場合には骨造成法の手術を行う必要があります。当院ではこの治療を行うことにより、今まで難しいと思われていた治療も可能になり、患者さんの多くにインプラントの素晴らしさを実感していただいております。


残っている歯も長持ちする

また、重度の歯周病で歯を失い、前歯だけが残っているという場合でも、インプラントを奥に埋入することにより前歯を残すことが可能になります。これは入れ歯では不可能で、インプラントによって残っている歯も長持ちさせることができます。


手術が受けられない方もいる

年齢の上限はありませんが、骨の成長がほぼ終了する16歳くらいから治療を受けることができます。ただし、心臓病や糖尿病などの持病がある人や、妊娠中の 人などは受けられない場合があります。また、あごの骨の状態によっても受けられない場合があります。いずれの場合も事前に歯科医師とよくご相談下さい。


メインテナンスの重要性を理解しよう


インプラントを長持ちさせるのに重要なことは、自分の歯と同じような手入れをすることです。ブラッシングはもちろん、歯肉の健康状態や正しいかみ合わせのチェックをするため、半年に一度は定期健診を受けましょう。


当院では他院で不具合が起きたインプラントを撤去し、再治療をしたり、被せものだけやり直すことがあります。インプラントが駄目にならないように、しっかりメインテナンスすることが大切です。