某審美歯科にて治療してから上手く、噛めない(66歳・女性)


●主訴

某審美歯科にて治療してから上手く、噛めない


●治療内容

  • インプラント(骨造成、歯肉移植)

  • 根管治療

  • 咬合再構成(噛み合わせの治療)

  • 補綴治療

初診時


上顎の臼歯部が挺出してあり、上顎の咬合平面が乱れていています。



治療中


治療後



治療前後


被せ物が平らな面では 物を噛み切ることはできません。

歯は凹凸があって物をしっかり、噛むことができます。

治療後はしっかり、歯に凹凸がついており、とても噛みやすくなりました。


上下の歯が均等に咬合接触するためには口を少し開けた時に均等な歯のスペースがないといけません。



治療のレントゲンでは上下の歯とのスペースが均等に空いているのがわかります。

力が均等に加わりやすいです。顎骨の問題では下顎下縁平面に対して咬合平面が平行に近い方がいいです。