歯医者さんが怖いです


「痛い」「怖い」を極力減らす治療


お子さんだけでなく、大人の方でも歯医者というと「痛い」「怖い」というイメージを持つ方が少なくありません。当院では、そういった患者さんでも安心して治療を受けていただけるよう、痛みの少ない治療を心がけております。


痛みがまったくない、というのは少し難しいかもしれませんが、現在は麻酔技術も発達しているため、極限まで痛みを感じないように治療することができます。削る部分が少なかったり浅かったりする場合には、麻酔によりまったく痛みを感じないという患者さんもいらっしゃいます。



まず、表面麻酔で注射針の痛みをやわらげる


麻酔の注射が痛いのは、注射の時に麻酔液に圧力がかかるためです。そこで表面麻酔をすることにより、麻酔針が歯ぐきに刺さるときの痛みを解消します。表面麻酔にはゲル状のものやスプレー式のもの、また貼りつけるタイプのものがあります。いずれも効果に差はなく、注射の前に塗布してから注射を打ちます。


【表面麻酔の流れ】

(1)粘膜を乾燥させ、表面麻酔剤を注射する部位に塗る。

(2)1~2分ほどで、粘膜の表面の感覚が麻痺してくる。

(3)表面麻酔剤を拭ってから注射する。注射針をゆっくりと差し込むのが痛みを感じさせないコツです。


電動麻酔注射器で、痛みを軽減


当院では麻酔に電動麻酔注射器を使用しています。これを使うことで痛みをほとんど感じさせることなく、麻酔をかけることができます。


麻酔注射が痛いのは、麻酔薬を注入するときのスピードが余計な圧力を与えてしまうためです。電動麻酔注射器は、コンピュータ制御で理想的な注入スピードを実現できるので、余計な圧力をかけずにすみます。また、手動で注射をするときよりも細い注射針を使用するので、刺したときの痛みが軽減されます。