他院では治療できないと言われた


治療をあきらめる前に

「第二の意見」を聞いてみませんか?


「骨の量が足りなくてインプラントはできない」

「重度の歯周病で治療法がない」

と言われ、治療をあきらめていませんか?


また、

「他の先生の考えも聞きたい」

「歯を抜くと言われたが、本当に残す方法はないのか」

「歯科治療したら、うまく噛めなくなった。」

「矯正をしたら、顎が痛くなった」

「納得して治療を受けたい」

と思われている方はいませんか?


歯の治療で不安に思っていることのある方は、ぜひ一度ご相談下さい。最近、セカンドオピニオンで来院される方がとても増えています。


セカンドオピニオンとは、診断された内容について主治医以外の歯科医師に「第二の意見」を求めることです。例えば同じインプラント治療でも、歯科医師の診断力や技術力などによって診断内容が変わってきます。特に難症例の場合、歯周外科や骨造成法のような高度な治療が必要になり、技術力がないと対応できません。


セカンドオピニオンでご相談いただく患者さんの中には、深刻なケースも多々あります。ですが「歯を救う解決の糸口を必ず見つけたい」という思いを胸に、過去の症例や勉強会で吸収した知識を考えながら最適な治療法を探っていきます。最後まで諦めずに最善の努力をいたしますので、患者さんご自身も諦めずにご相談いただきたいと思います。