矯正歯科

矯正歯科

歯周病の治療をしても、歯並びが悪いままでは歯周病が再発してしまう可能性があります。インプラント治療をするにしても、歯並びが悪いままでは食べ物を噛みしめることができないかもしれません。また、お子さんの場合は歯並びやかみ合わせが悪いために顎や顔のかたちにまで影響をおよぼし、体全体の成長・発育にも悪影響を与えてしまいます。

当院では患者さんのご希望をうかがい、お求めになる理想の歯並びを実現するお手伝いをいたします。

不正咬合(かみ合わせの悪さ)がおよぼす身体への悪影響

身体への悪影響●むし歯、歯周病
歯並びが悪いために歯みがきをしても磨き残しができ、むし歯や歯周病になりやすくなります。

●顎の痛み
上下の前歯がかみ合わない人や開咬の人は、顎が前後左右に動くときに痛みを感じたり、顎関節を動かすとジャリジャリといった雑音が生じやすくなります。

●頭痛
顎のまわりの筋肉が異常に緊張して筋肉が硬くなり、血流が悪くなって頭痛の原因となります。

●腰痛
かみ合わせの悪さは、肩凝り・腰痛・姿勢の悪さとも密接な関係があります。

不正咬合の種類

以下のような状態を、矯正装置や訓練を通じて正常な状態にもっていくのが矯正治療です。

反対咬合不正咬合
受け口。
下の前歯が上の前歯よりも前に出ている。

上顎前突
出っ歯。上の前歯が前方に出ている。

切端咬合
上と下の前歯が一致している。

開咬
かみ合わせたときに、上と下の前歯の間に隙間がある。

過蓋咬合
上と下の前歯のかみ合わせが深いために、下の前歯が見えない。

叢生
乱ぐい歯。歯が生える隙間がないために、デコボコに歯が生えている。

空隙
すきっ歯。歯と歯の間に隙間がある。

子どもの矯正治療

子どもの矯正治療顎の成長をコントロールしたり、永久歯の生え替わりを誘導する1期治療と、永久歯の歯並びとかみ合わせの矯正をする2期治療とがあります。矯正は大人になってからすることもできますが、子どものうちに理想的な歯並び・かみ合わせにしておくことで、将来的にむし歯や歯周病など、お口のトラブルに見舞われるリスクが小さくなります。

成長期の矯正治療については、こちらをご参照ください。
「小児歯科・咬合誘導」について詳しくはこちら

大人の矯正治療

大人の矯正すべての歯が永久歯になった状態(永久歯列期)からはじめる矯正治療です。矯正装置(ブラケット)をつけて歯並びとかみ合わせの矯正を行います。基本的に何本かでも歯があれば、何歳からでも矯正治療が可能です。

当院では、重度の歯周病の患者さんやインプラント治療をする患者さんの矯正治療を積極的におすすめしています。治療には全体的に歯を動かす矯正治療と、部分的に歯を動かす部分矯正があります。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制