歯周病治療

歯周病治療

日本人の80%が歯周病にかかっているといわれます。そして40歳以上の人で歯を失う原因のナンバーワンが歯周病だという統計もあります。歯周病は生活習慣病のひとつで、自覚症状が現れにくい「沈黙の病気」。そして、歯ぐきから血が出る、歯がグラグラする、といった症状が現れる頃には重症化が進んでおり、最悪の場合は抜かなければならないという恐ろしい病気でもあります。

歯周病の原因

歯周病の原因歯周病をもたらす最大の原因はプラーク(歯垢)です。歯を磨かずにいたり、磨いても磨き残しがあったりすると歯の表面にネバネバした汚れが付着します。これがプラークで、食後8時間を経過するころから作られていくと言われています。そして、プラークの中には非常にたくさんの細菌がふくまれており、むし歯や歯周病の原因になります。

プラークは歯みがきをすれば取り除くことができますが、100%除去するのはむずかしく、正しい口腔内清掃ができていないとお口の中にプラークがどんどん蓄積されていってしまいます。その結果、プラークは自分では除去できない歯石となり、歯周ポケットの奥へと広がって菌が繁殖し続けていきます。

歯周病は、プラークや歯石にふくまれている歯周病菌が歯周組織(歯肉や歯槽骨)を破壊していくという恐ろしい病気なのです。

プラークの付着から歯肉炎になるまで
磨き残しからできたプラークは、歯と歯ぐきの隙間にたまり、細菌が繁殖して毒素が作られるようになります。この毒素が歯肉に作用すると炎症が起こり、歯ぐきが腫れて歯肉炎となります。この歯肉炎は、歯周病への第一ステップとなるのです。

歯周ポケットができる原因
歯石は、プラークが石灰化したものです。歯石は歯と歯肉の隙間にできやすいという特徴があり、歯石の中にいる細菌は歯と歯肉の間に入り込んでいきます。すると、細菌が産み出す毒素によって歯肉が破壊され、歯と歯肉との間に隙間ができます。この隙間が歯周ポケットです。歯周ポケットの中で、細菌はどんどん増殖し、歯肉を壊していくので、歯周ポケットはさらに深くなっていきます。

歯周病の原因

歯周病の進行度合いを、歯周ポケットの深さで測ることがあります。歯周ポケットの深さが1~3mmは、健康な歯肉です。しかし細菌によって歯肉が破壊されると、歯周ポケットの深さは4mm以上になります。

歯周ポケットの深さが進んでいくと、細菌の出す毒素は歯肉だけでなく歯槽骨(歯を支えている骨)まで破壊しはじめます。歯肉炎が進行した病態を歯周炎といいますが、これは歯周病が進んでいることをも表します。そして、歯周病が重度になると、歯槽骨の多くが吸収されてしまい、歯周ポケットの深さは10mmにも達することがあります。

歯周病との関係が深い病気と生活習慣

プラークで増殖する細菌は毒素を出して歯肉の抵抗力を低下させます。その結果、歯周病が発症しやすくなっていきます。また、生活習慣や生活習慣病も歯周病リスクを高めることが知られています。

●糖尿病
糖尿病になると全身の抵抗力が低下し、歯周病を発症・進行させやすくなります。反対に歯周病になると、糖尿病の症状を悪化させることも分かっています。糖尿病の患者さんは、歯周病を治療すると同時に血糖値のコントロールも適切に行わなければ、どちらの病気も改善に向かいません。

●喫煙
喫煙は歯肉や歯周組織の抵抗力を低下させる原因となる習慣です。歯周病リスクを高めるだけでなく、歯周病の進行を進めることも明らかになっています。また、タバコを吸う人だけでなく、タバコの煙を吸ってしまう受動喫煙も同様に歯周病リスクが高まります。

●ストレス・疲労
ストレスや疲労の蓄積は体の抵抗力を弱め、歯周病にかかりやすくなります。ストレスや疲労をためないよう、日頃から気をつける必要があります。

●歯ぎしり
歯ぎしりをしていると、かみ合わせに悪影響がある他、知覚過敏を悪化させたり顎関節症や肩凝りの原因となります。そして歯周病にとっても、過度な力が歯周組織に加わることで炎症が起きやすくなり、発症させやすくなるといわれています。

●口呼吸
口呼吸によって口の中が乾燥すると、ほんらい自浄作用がある唾液がなくなってしまうので歯周病やむし歯が発生しやすくなります。

●歯並びの悪さ
歯並びが悪いために磨き残しが出やすく、むし歯や歯周病になりやすい環境となってしまいます。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病は糖尿病との関係だけでなく、全身にわたる病気との関係があることが知られています。

●肺炎
高齢者の死亡原因として最も多いのが肺炎です。そのなかでも多いのが、食べ物や唾液が誤って肺に入って起こる誤嚥性肺炎です。その食べ物に歯周病菌などが付着していると、その菌が原因となって肺炎を起こすリスクが高くなります。お口の中を清潔にし、歯周病を予防することが肺炎を防ぐことにつながります。

●脳梗塞
脳梗塞を起こした患者さんは歯周病に感染している割合が高いことが分かっています。歯周病菌が血液を通じて全身をめぐり、脳梗塞の原因となる動脈硬化を起こしている可能性が高いという研究成果が、日本脳卒中学会で発表されています。

●心臓病
心臓病は日本人の死因の第2位です。心臓の周囲を取り巻く冠動脈の血液の流れが悪くなって起きる狭心症や、血栓(血のかたまり)が血液の流れを塞いでしまうために起きる心筋梗塞があります。これらの病気を引き起こすのは動脈硬化が大きな要因とされていますが、歯周病になると動脈硬化を起こしやすいというのはご紹介した通りです。また、歯周病菌の中には血小板を集める働きを持つ菌がふくまれており、それが血栓を作りやすくしているという報告もあります。

歯周病の症状

歯周病の症状歯周病になってもはじめのうちは自覚症状が現れにくいというのが特徴です。しかし、こんな症状に気がついたら歯周病のサインです。すぐに治療を受けてください。

・歯を磨くと歯ブラシに血がつく
・歯肉が腫れている
・口臭が気になる
・歯が長くなったような気がする
・口の中がネバネバする

歯周病治療の流れ

歯周病の治療当院ではまず、担当衛生士が歯周病検査をして歯石などを取り除き、お口の中を清掃いたします。その後、再検査をしてお口の中の状態を診て、歯周病が軽度の場合は初期治療を行いますが、重度の場合は抗菌療法あるいは歯周外科の治療を行います。歯周外科が必要なのは、歯周病は骨(歯の周りの歯槽骨が溶ける)の病気だからです。骨の支えがなくなると歯は抜けてしまいますので、その危険性がある重度の場合は歯茎を開いて、不良肉芽、歯石の除去を行います。また、歯槽骨の整形、もしくは再生療法が必要になります。

初診時にはじっくり1時間かけて検査します
初診時には、担当の衛生士がじっくりと1時間ほどかけて、以下のような歯周病の検査をいたします。

【STEP1】症状の検査
染め出し......プラークの付着検査をします。歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目に付着しているプラークの状態を、専用の薬剤を使ってチェックします。動揺度検査......ピンセットを使って歯を動かし、ぐらつき(動揺度)を調べます。歯周ポケットの測定......ポケットプローグという歯周ポケット測定器具を用いて、歯と歯ぐきの境目にある歯周ポケットの深さを測定します。この測定をすることにより、歯周病の有無、歯周病になっている場合にはその進行度合いを調べます。歯周ポケットの深さが1~2mmであれば健康な歯ぐきで、歯周ポケットの深さが4mm以上ある場合は歯周病が進んでいる状態です。歯周ポケットが深いということは、歯の周りの歯槽骨が溶けているということです。また、深いポケットはバイ菌のすみかになります。

【STEP2】歯みがき指導
歯周病の治療でもっとも大切なのは歯みがきです。正しい歯みがき法を身につけることにより、毎日のホームケアで歯周病菌の巣窟になっているプラークをきちんと取り除くこと(プラークコントロール)ができるようになることを目標にします。

患者さんそれぞれに歯みがきの癖があり、よく磨けている部分と磨けていない部分があるので、磨き残しやすいところを意識して磨くように、磨き方をご指導いたします。

【STEP3】スケーリング(歯石の除去)
歯と歯ぐきの境目にこびりついた歯石は、ブラッシングだけでは取り除くことができません。そこでスケーラーという専用の器具を使って、歯の表面を傷つけないよう、ていねいに取り除いていきます(歯ぐきの状態を確認しながら行うので、症状によっては回数が増える場合があります)。軽度の歯周病では、スケーリングと正しいブラッシングをすることで症状が改善していきます。また、この段階でご家庭でのブラッシング状況をチェックし、正しいブラッシングの方法をアドバイスします。

歯石を取るときに、炎症の度合いによっては痛みが生じる場合があります。進行した歯周病の治療では、歯周ポケット内にある歯石を除去するときに麻酔をかけることがありますが、歯周病初期の場合は麻酔を使わないことの方が多くなります。歯石除去の際に出血することもありますが、これは歯肉炎の炎症がもたらすものです。痛みも出血も一時的なものなので、それほど心配することはありません。

【STEP4】歯周ポケットと出血の検査
歯と歯ぐきの境目に出血する部分があるかを確認します。出血や炎症が治まっている場合には次の段階に進みます。

【STEP5】SRP(歯と歯ぐきの境目に潜り込んでいる歯石の除去)
歯と歯ぐきの境目に潜り込んでいる歯石の除去をすることをSRP(スケーリングルートプレーニング)といいます。歯ぐきの内部まで歯石が潜り込んでいる部分には、強い毒素を持つバイオフィルムが形成されているために、SRPを行って歯石を除去し、バイオフィルムを破壊する必要があります。

【STEP6】再検査
ここまでで歯周病の状態が改善されているかどうかを再検査します。歯周病の状態が重症で、歯周病の外科治療が必要になってくる場合には、さらに歯周外科治療を行うことになります。

歯周病治療の流れ(重度の場合)歯周病の治療
歯周病の治療は、病気の進行度によって進め方が違ってきます。歯周病初期(歯肉炎)の段階では初期治療だけで改善できますが、進行して重症化すると外科手術が必要になります。また、歯周病末期になると体への負担や費用も大きくなっていきます。歯周病では、自分の歯を残すことがまず重要ですが、外科手術などをしないためにも早期発見、早期治療が大切です。

【STEP1】歯周病検査
治療を始める前に、歯周病がどれくらい進行しているかを確認します。
まず、歯ぐきの検査をします。

レントゲン撮影......歯を支えている骨の状態や歯ぐきの奥の歯石をチェックします。染め出し......歯の表面についているプラークの状態を、専用の薬剤を使ってチェックします。写真撮影......治療前の歯ぐきの状態や、歯石の付着した状態を撮影し、資料として保管します。歯周ポケットの検査......専用の器具を使って歯ぐきの溝の深さを測ります。

【STEP2】スケーリング(歯石の除去)
歯と歯ぐきの境目にこびりついた歯石は、ブラッシングだけでは取り除くことができません。そこでスケーラーという専用の器具を使って、歯の表面を傷つけないよう、ていねいに取り除いていきます。(歯ぐきの状態を確認しながら行うので、症状によっては回数が増える場合があります)

軽度の歯周病では、スケーリングと正しいブラッシングをすることで症状が改善していきます。また、この段階でご家庭でのブラッシング状況をチェックし、正しいブラッシングの方法をアドバイスします。

【STEP3】再検査・ルートプレーニング
歯周病が進行すると、歯石が歯の表面だけでなく歯周ポケット内にある歯の表面にも付着します。そこで、専用の器具を使ってポケットの深さを測ります。ルートプレーニングは、この歯肉の下の部分にある歯石やプラークを取り除く治療です。特に奥深くの部分に歯石がある場合には、麻酔を使用することがあります。

【STEP4】抗菌療法
ルートプレーニングを行った後も歯周病が進行してしまうという重度の歯周病の場合、抗菌療法を行います。抗菌療法とは、歯周病の元になっている病原菌を特定し、その菌を退治する抗生剤を服用してもらうことによって歯周病を引き起こしている元を絶ち、病気の進行を止める治療法です。

歯周病を起こす病原菌は、P.g菌、A.a菌、T.d菌、T.f菌、P.i菌の5種類があります。抗菌療法を行うには、まずこれらの菌のうち、どの菌に感染しているかを検査によって特定します。その上で、その菌に効力を発揮する抗生剤を服用していただき、お口の中から病原菌を除去します。当院では、抗菌療法を行っている間にもスケーリングとルートプレーニングを行い、歯石やプラークを取り除くことで物理的に歯周病菌を取り除き、さらに効果を高めております。

【STEP5】歯周外科治療
歯周ポケットの深いところまで感染している重度の歯周病では、外科手術が必要になります。外科手術には、切除療法とフラップ手術があります。

●切除療法
歯周ポケットが深くなっている部位の歯肉を切除し、歯周ポケットそのものをなくす方法です。歯根部分が露出してしまうため、知覚過敏になったり、歯が長くなってしまう(審美的に問題がある)というデメリットがあります。

●フラップ手術
ルートプレーニングでも歯石が取りきれない場合、フラップ手術を行います。歯肉を切開して剥がし、歯根部分を露出させてから歯石を取り除きます。完全に取り除いた後に歯肉をもどして縫合します。

※但し、切除療法とフラップ手術では骨の再生はしません。炎症のコントロールはできますが歯を支えている骨が再生しないため、よくならない場合があります。

歯周形成外科

歯周形成外科とは歯周形成外科
歯周形成外科とは歯肉歯槽粘膜部位の形態異常を改善するための外科手術の総称で、歯周病の再発防止、プラークコントロールの行いやすい環境の確保および審美性の改善のために行う手術がこれにあたります。

施術に際しては、小帯の高位付着、歯肉退縮、口腔前庭の狭小、付着歯肉の幅の不十分な部位に対して審美性および生理的形態を考慮して行う必要があり、術法には小帯切除術、歯肉弁側方移動術、歯肉弁歯冠側移動術、歯肉弁根尖側移動術、遊離歯肉移植術、歯肉結合組織移植術などがあります。

歯周形成外科を行うケース
歯茎がないところや歯茎が痩せてしまったところは歯ブラシがしづらく、プラークが溜まって虫歯や歯周病になりやすいため、歯茎の移植をして歯茎の再生もしくは歯茎を厚くして痩せづらい歯茎を作る必要があるケースのほか、前歯などでは笑った時に歯茎のラインが痩せたりして歯茎のライン(歯茎ライン)がアンバランスになり、審美性が悪くなって大きな口で笑えなくなってしまた場合に、外科処置をして、スマイルラインを整えて、左右をシンメトリーにすることで口元を綺麗にさせるケースなど、歯周形成外科治療が活躍します。

保険診療と自費診療の違いについて

保険診療と自費診療の違い歯科治療には保険診療と自費診療があります。歯周病治療の場合、当院では検査からスケーリング、SRP(必要に応じて歯周外科)までを保険適応で行っております。

健康保険では検査と歯石除去を中心に考えており、歯周病治療そのものに対して重きを置いているとはいえないのが現状です。しかし当院では、歯周病の治療においては初期治療が重要であるという考えから、丁寧な検査をするとともに歯と歯ぐきの間に潜り込んでいる歯石まで、SRPを行うことによって徹底的に取り除くこととし、ここまでを保険診療で行っております。

一方、歯周病が進行してしまい、歯を支える歯槽骨が溶けている場合には再生療法が必要となります。この治療を行うには、どうしても特殊な治療法と特殊な素材を使う必要があります。そのため、治療には保険の適応がむずかしく、自費診療とさせていただいております。

また、歯周病によって歯ぐきが後退し、歯の根っこが露出してしまった状態から自然に見えるように人工の被せものを入れたり、歯の形を整えるために詰めものをしたりする場合には保険適応のものと自費診療となるものとがあります。それらについては、一般歯科の「保険診療と自費診療の違い」の項をご覧ください。

「一般歯科・保険診療と自費診療の違い」へ

再生療法

再生療法再生療法とは、歯周病で溶けてしまった骨を回復させることや、破壊された歯槽骨の再生を目的として行われる治療です。炎症が歯肉の奥まで進行し、歯周組織の破壊がひどい場合には、歯周組織(歯の周りの骨)の再生を行うことで歯の寿命を延ばし、歯を抜かずに治療することができます。

これまでは重度の歯周病には有効な治療方法がありませんでした。しかし、再生療法を用いることで、歯周組織(歯の周りの骨)の再生を誘発させ、健康な歯周組織を取り戻すことができるようになりました。

当院の再生療法
当院で行っている再生療法は骨移植、エムドゲイン、骨誘導再生法(GTR)という方法です。

●骨移植
歯周病で骨が失われた部位に骨を移植する方法です。移植する骨には自分の骨や人工骨を使い、骨の再生を図ります。再生療法において人工骨の役割はスペースメイキングにあります。歯肉の陥没を防いだり上皮が入らないようにするのと、骨ができる場の確保をします。

●エムドゲイン
歯周組織再生誘導材料を使った骨再生療法です。エムドゲインとは商品名ですが、ブタの歯ができるときのタンパク質(エナメルタンパク)を歯周病で骨が失われた部分に塗布すると、歯周組織が再生するというものです。歯肉を切開してエムドゲインを塗布し、縫合するという手順の手術が行われます。

●骨誘導再生法(GTR)
歯周病で骨が失われた部分をメンブレンと呼ばれる膜で骨の形成を誘導し、骨を再生させます。メンブレンには外部からの不要な歯肉が入り込まないように防御する役目もあります。メンブレンの下に新しい組織ができるまでに4週間程度かかりますが、その後4~8週間でメンブレンを取り除きます。再生された歯周組織は幼若ですが、次第に成熟して元の組織と同じくらいの成熟度となります。現在ではほとんど吸収性膜を使用するため、メンブレンを取り除く手術は致しません。
※メンブレンは生体適合性にすぐれた人工材料なので、アレルギーの心配はありません。

当院では骨欠損の状態により、使い分けをしております。また、歯槽骨がほとんどない場合はエムドゲイン、人工骨、メンブレンをすべて併用することもあります。

組織再生の3要素

細胞の活性化、増殖因子(エムドゲイン)、足場(人工骨、メンブレン)などが適切な濃度で適切な時間に作用されることで、はじめて再生療法は成功します。また、力のコントロールも大切になります。手術後は必ず、固定が必要になります。

※メインナンス
歯周病の治療をしてポケットを健全な状態に治したとしても、定期検診をしないとすぐに再発する恐れがあります。長く持たせるためには、治療後の定期検診にて磨き残しのチェックや歯周ポケット内の洗浄、歯の掃除など行います。また、歯周ポケット検査、レントゲン検査、かみ合わせの検査などを行い、歯周病が進行してないかをチェックします。早期発見、早期治療が歯周病治療において一番大切になります。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制