予防歯科

予防歯科

当院ではむし歯予防だけでなく、お子さんの歯並びを重視し、歯並び・かみ合わせが悪くなるのを防ぐことに力を入れています。また、歯の汚れやバイオフィルムを除去するなどの、衛生士によるPMTCを行っております。

予防歯科とは
歯医者といえば、むし歯を治すところ。残念ながら、いまだにそういうイメージを持っている患者さんが多いというのが現実です。しかし、本当は患者さんが持っている本来の歯(治療していない健康な歯)をなるべく長く、生涯にわたって保っていくためのお手伝いをするのが歯科医の役目であり、予防歯科の目的だと当院では考えています。

専門用語で「一級咬合」という言葉がありますが、これは上下の第一大臼歯が正常にかみ合っている状態のことをいいます。80歳になってもなお健康な歯が残っている人は、一級咬合である場合が多いといいます。当院が目指すのも一級咬合のかみ合わせを実現し、長く歯を残していくことであり、そのためにはかみ合わせ治療や矯正治療などを組み合わせ、総合的にお口の健康を診ていくことが大切だと考えております。

むし歯の予防

むし歯が発症するのは、プラーク・糖質・歯の質・時間の4条件が重なったときとされています。むし歯を予防するには、むし歯を作らないようにすることが重要です。

むし歯予防のポイント
むし歯の予防飲食する回数を少なくする(間食をしない)......飲食をするたびに歯垢は酸性に傾きます。甘いものを摂り過ぎない......なるべく砂糖を使用したものを食べないようにします。また、量より回数を減らすことも重要です。よく噛んで食べる......浄化作用のある唾液の分泌を促進します。よく噛んだときにでる唾液は酸を中性にする力が強いといわれています。食後すぐに正しいブラッシングをする......食後のブラッシングが、むし歯や歯周病の予防でもっとも重要です。フッ素で歯の質を強くする......フッ素はエナメル質に取り込まれると、酸に溶けにくいフルオロアパタイトという物質を作って歯を強化します。また細菌が作り出す酵素の働きを抑制し酸の分泌を減少させるという作用もあります。

●フッ素塗布について
フッ素を定期的に塗布することによって、歯質を強化します。歯に直接塗るので、市販の歯みがき剤よりも効率的に歯に作用させることができます。お子さんだけでなく、大人の方にもおすすめします。

歯周病の予防

歯周病の予防歯周病を予防するには、プラークコントロール(歯垢を確実に取り除くこと)がもっとも重要です。まだ歯周病が進行していない方は歯周病予防の処置を受けることで、生涯にわたって歯周病から歯を守ることができます。

当院では衛生士によるブラッシング指導を行っている他、PMTCによって歯に付着した汚れやプラーク、歯石を除去し、歯周病を予防しております。

かみ合わせ予防

かみ合わせ予防歯はちょっとした力でも簡単に動いてしまう性質があります。だから、同じ側ばかり向いて枕を当てて寝たり(横向き寝)、頬杖をつく癖(お子さんならば、指しゃぶりや口呼吸、これらを態癖といいます)など歯を圧迫する癖があると、圧迫された歯はどんどん倒れ込んでしまいます。当然、そうすると歯並びが悪くなり、むし歯になりやすくなったり、しっかりものを噛んで食べられなくなったりします。

とくにお子さんの場合は歯が動きやすい(倒れやすい)ので、当院ではまず原因となっている態癖を直す指導をしております。また、態癖の指導だけでは治らない場合には、お口の中に拡大床という装置を入れて咬合誘導を行います。咬合誘導とは、こうした装置を利用してお子さんの歯や顎の成長の力を借りながら適正な歯並びやかみ合わせになるように誘導していくことです。

MFT(口腔筋機能療法)
MFTとは、舌や口唇、顔面の筋肉など、お口のまわりの筋肉を強くすることによって、かみ合わせを正し、バランスよく機能させるプログラムです。不正咬合の原因となる舌癖(舌を前に出す癖など)や、口腔習癖の改善、口呼吸によるドライマウスを改善します。MFTでお顔の筋肉を鍛えると、フェイスラインを引き締め、お顔の印象をスッキリと引き締める効果もあるとされています。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)

PMTCPMTCとは、歯科衛生士が専用の機械を使って、ブラッシングでは落とすことができない歯の汚れやバイオフィルムを強力に取り除く方法です。歯と歯の間や歯と歯肉との境目など、自分では磨きにくいところや、歯みがきの癖によって十分に磨けていない部位もきれいに磨きます。

PMTCで得られる効果
歯周疾患の改善......歯と歯肉の境目にあるプラークを除去し、歯肉炎を改善する。
むし歯の予防......バイオフィルムを取り除いて、プラークの再付着を防ぐ。
審美性の向上......ステイン(着色汚れ)を除去し、歯の表明を光沢あるものにする。
歯質の強化......フッ素を塗布して再石灰化を促す。

PMTCの流れ

【STEP1】プラークの染め出し
専用の薬剤を使ってプラークが残っている部分を染め出します。染め出しをすることで、自分の歯みがきではどこが磨き残しになるのかが、よく分かるようになります。

次へ
【STEP2】歯面研磨
研磨ペーストを使い、専用ブラシやカットなどで歯の表面や根元の部分をきれいに磨きます。歯ブラシでは落とすことができないステインなども除去します。

次へ
【STEP3】歯と歯の間の清掃・研磨
フロスやさまざまな形をしたチップなどを用い、歯と歯の間の汚れを落とします。

次へ
【STEP4】フッ素塗布
フッ素は、酸に溶けはじめた歯を修復し、むし歯菌に作用してむし歯予防の働きをします。歯の表面がきれいになっているので、フッ素が浸透しやすくなっています。PMTCは、歯をきれいにするだけでなく、むし歯を予防できるのが大きな特徴です。

まずはお気軽にご相談ください

まずはお気軽にご相談ください

予約制